TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

withコロナ時代の失敗しない戸建て選び
リモートワークの普及やおうち時間が増えたことによって、「マイホームを購入するなら、マンションより戸建てがいい!」という人が増えてきています。その理由は、「マンションは騒音が気になる」「リモートワークコーナーをつくりたい」「注文住宅で全ての要望を実現したい」などさまざま。それらの要望を実現するには「戸建てだったら何でもいい!」という訳ではありません。そこで今回は、戸建てを選びに失敗しないポイントをご紹介します!






◆家庭内の騒音に悩まされる⁉◆




騒音への気遣いやクレームにうんざりして、マンションから戸建てに引っ越す方もいらっしゃいますよね。ですが、例えば2階建てを建てた場合、階上からの振動を制御していない構造だと、子どもの足音など2階の音が1階にかなり響いてしまう場合があります。2階にいる家族の足音がうるさくて、お互いに仕事や勉強に集中できなかったり…。戸建てであっても構造次第では、マンションで悩んでいた騒音問題がそっくり家庭内で起きてしまうこともあるのです。




◆住んでみないとわからないこと◆




家庭内の騒音はもちろん、戸建てを建ててから「こんなはずじゃなかった!」と後悔するわけにはいきません。そのため、東宝ホームでは、実際の住み心地を体感していただくために、1泊2日の宿泊体験をご用意しています。宿泊体験中はご家族だけで過ごすことができるため、1階と2階でどれだけ音が響くのか、キッチン設備の使い心地はどうか、家事動線はスムーズか、などを気兼ねなくチェックしていただけます。構造は災害などの安全面だけでなく、住み心地につながることを実感していただけると嬉しいです。







◆光熱費を抑えられて、健康的に住める家◆



「戸建てに住みたいけど、マンションより光熱費が高くなりそう…」と考える人もいらっしゃるかもしれません。「光熱費を抑えたい」という視点で戸建てを選ぶなら、やはり断熱材にこだわっている(※どの住まいも断熱材は入っていますが、種類が異なります!)ハウスメーカーを選ぶべきです。東宝ホームは、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』の独自工法によって、最小限のエアコンの稼働で家じゅうが夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
また一方で、断熱対策を重視しない構造では、部屋間に温度差があると、家の中でヒートテックを引き起こしてしまう原因にも。優れた性能は、快適なだけではなく、命さえも守ってくれる場合があるのです。




◆変化に対応できる戸建てとは?◆



コロナによってリモートワークが普及したように、今後も社会情勢が変わるかもしれませんし、ご家族の暮らし方にも変化があるかもしれません。そんなときに、可変性を持っている戸建てであれば心強いですよね。東宝ホームが採用している【木造軸組み工法】は、間取りの変更などフレキシブルなリフォームが可能です。

マイホームに向けて動き出したとき、最初は金額やオシャレなデザインなどに惹かれがちですが、本来、家は長く住み続けるもの。そんな長期的視野に立って考えてみることも、家づくりに大切な要素だと思います。

<私たちの家づくりについて>
https://tohohome.jp/policy/


「それでもやっぱり、マンションに住みたい!」という方は、ぜひ東宝ホームの分譲マンションもご検討ください。戸建て同様に住み心地を考え抜いた住まいです。
詳細・来場予約はこちら
<戸建てに負けない高級感と住み心地を提案する東宝ホームプロデュースの分譲マンション『シティーガーデンBONJONOテラス』>
https://toho-bonjono.jp/
2020.11.26 | 固定リンク | 家づくり