TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

宿泊体験で「本当に寒くないの?」を実感! ~スタッフ回顧録Part—⑭~
先月のスタッフ紹介に引き続き、営業スタッフの刀根がお客様ストーリーを振り返ります。
ご紹介するのは、現在入社2年目の刀根が初めて担当させていただいたM様邸です。東宝ホームに依頼してくださった決め手やプランニングについて、ぜひご一読ください♪





◆豊富な自社保有地のご紹介をきっかけに◆




Q:M様とはどんな出会いだったのですか?

A:地場で名前が知れているメーカーの展示場をまわってみようと、RKB住宅展小倉北の展示場にお越しになったのが最初の出会いです。職場から車で15分圏内で土地を探しておられたので、該当する分譲宅地をその日のうちにご案内しました。

M様ご夫婦が家づくりをスタートされたのは、奥様が気に入っている「リクシル」のキッチンでお料理をしたいという夢を実現するためでもありました。実は、RKB住宅展小倉北・展示場にお越しになった際、すでに他社と契約前だったんです。しかしながら、ご紹介した分譲宅地がより条件が整った土地であったこと、東宝ホームの性能に興味を持ってくださり、同時進行で検討してくださることになりました。




◆エアコンを消して寝ても暖かい!◆



Q:その後、正式にご依頼いただく決め手になったのは?

A:まだまだ寒さが残っている3月のこと。性能を肌で実感していただくために、城野宿泊体験展示場に宿泊していただきました。まだまだ寒い時期だったんですが、「暖房を消して寝ても朝まで暖かさが残っていました!」「寝るときにエアコンを付けなくていいので喉を痛めなくていいですね!」と大変喜ばれて。それでいて光熱費を抑えられることも高く評価していただき、正式なご依頼となりました。




◆男の隠れ家・ロフトを実現!◆



Q:プランニングでは、宿泊体験展示場の間取りを参考にされたそうですね!

A:そうです!ご主人様は城野宿泊展示場のロフトを大変気に入られて。主寝室だけでなく、ご自身の趣味部屋が欲しいとのことで「ロフトだけは譲れない!」とおっしゃっていたんです。東宝ホームのロフトは、屋根までしっかり断熱しているので、暑さ・寒さの影響を受けにくく、フレキシブルに使える“+αのスペース”として活用できます。ご主人様は釣りが趣味なので、釣り道具やルアーを並べたりと、“男の隠れ家”にワクワクしておられるようでした!

一方で、和室をつくるかどうかは最後まで悩まれていましたね。最終的には、ゲストルームやお子さんが生まれたときのお昼寝スペースとして3帖ほどの和室をつくることに。扉がしっかりとあるので、小スペースでもしっかりと活用できることが特徴です。

Q:営業として初めてお客様と担当した感想は?

A:私自身、お客様に頼まれたことはスピーディーに対応していったので、年齢に関係なく信頼していただけたのではと思っています。M様とは施工中も何度も一緒に現場に出向き、「めちゃくちゃいいですね!!」と喜んでいただき、こちらまで嬉しい気持ちになりました。ご主人様と同じく、私も釣りが趣味なので、いつか一緒に釣りに行けたら嬉しいです!これからもM様ファミリーの幸せを願っています!