TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
ファミリークローゼットの上手な取り入れ方 | 施工事例もご紹介!
住宅トレンドの1つとして人気が高まっているファミリークローゼット。
今回は、より暮らしを快適にするファミリークローゼットのつくり方とポイントをピックアップしました。ぜひ、家づくりの参考になさってください。



◆ウォークインクローゼットとなにが違う?


一般的にクローゼットといえば、家族それぞれの部屋にそれぞれの洋服などを収納します。一方、ファミリークローゼットは、その名の通り、家族全員のものを同じスペースに収納します。
そのため、ウォークインクローゼットと比べて大容量の収納となり、広めの空間を確保する必要があります。家族の衣類やカバン、学用品などを1箇所にまとめて収納することで、「管理がラクになる」のが大きなメリットです。







◆どこに設置するのがおすすめ?


希望の土地の広さにもよりますが、生活のベースである1階にあれば、朝の身支度や帰宅時、お風呂上りなどに、衣類を取りに行ったり、収納したりするために階段を昇り降りする必要がなく、ラクにモノの出し入れができます。家族の収納を一箇所にまとめることで、生活動線や家事動線をシンプルにし、効率的に動くことができるのです。






ファミリークローゼットの広さによっては、収納だけでなく、そこで身支度を整えたり、家事をしたりも可能になります。


 ◆注文住宅の施工事例や各展示場の配置例を参考に!


・玄関につながる配置





外出時はファミリークローゼットで身支度を整えて外出。帰宅時にはファミリークローゼットでコートや仕事着を脱ぎ、部屋着に着替えてリビングへ直行できます。玄関につながるファミリークローゼットがあれば、外出時の身支度や帰宅時の片付けを1つの動線上で済ませられます。暮らし方を考えたうえのオンリーワンスタイルでマイホームの設計相談をあなたもしてみませんか?


北九州市M様邸:https://tohohome.jp/voice/?page=10&detail=on




・ランドリールームにつながる配置





洗濯機や室内干しスペースがあるランドリールームの近くに配置すれば、「洗う→干す→取り込む→収納する」という一連の流れが一箇所で完結するので洗濯や片付けが断然スムーズになります。 パジャマやタオルなどを収納していれば、入浴後の着替えにも便利です。


北九州市K様邸:https://tohohome.jp/voice/?page=15&detail=on



どこに配置するか、どんなものを収納するかによっても、最適な間取りや広さは異なります。造作棚やハンガーラックなど収納部分を工夫することによって、コンパクトな空間でも効率的に収納できるアイデアもご提案できます。生活動線や収納の目的を考慮して、暮らしを快適にしてくれるファミリークロゼットをつくっていきましょう。



2022.09.15 | 固定リンク