TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
台風に強い家を建てるには?家づくりや土地探しのポイント


毎年、台風被害のニュースを見るたび「我が家は大丈夫かな」と不安になりますよね。これから家を建てるなら、できる限りの備えで、安心して長く住める家づくりを進めましょう。

今回は台風で住宅にどんな被害があるのか、台風に強い家づくりと土地探しについてお伝えします。

台風によって住宅が受ける被害


台風に強い家をつくるには、まず「台風でどのような被害を受けやすいか?」を知っておかなければなりません。

台風により住宅が受ける被害は主に「①強風による風害、②大雨による水害」の2種類です。改めて確認していきましょう。

①強風による風害




ニュースやラジオで「非常に強い風です」「風速◯m/sを超えるでしょう」などと表現されますよね。風の強さによっては、次のような被害がでる恐れがあります。


▷やや強い風:平均風速10〜15m/s
・雨樋が揺れはじめる

▷強い風:平均風速15〜20m/s
・屋根材がはがれる
・雨戸やシャッターが揺れる

▷非常に強い風:平均風速20m/s〜
・屋根材が飛散する、めくれる

▷猛烈な風:平均風速30 m/s〜
・外装材が広範囲にわたって飛散する
・建物自体が倒壊、変形する

参考/気象庁|雨と風の階級表


風害というのは、風自体で家が壊れてしまう心配だけではありません。

みなさんもテレビなどで、大きな看板や屋根瓦が飛ばされている映像を見たことがありますよね。ああいった飛来物が自宅に衝突することで、外壁が壊れたり窓ガラスが割れてしまったりすることもあります。

「自分の家はしっかりとメンテナンスしているし、今回の台風はそこまで強い風ではないから大丈夫」と思っていても、近隣の住宅で瓦がズレていたり屋根材が浮いていたりすれば、飛来物による被害を受けてしまうかもしれないということです。

②大雨による水害




水害には雨漏りや、河川の氾濫による住宅浸水といった例があります。

浸水被害にあってしまうと、カビや建材の腐食など長期的に心配が残るでしょう。ひどい場合は床上まで浸水してしまい、建物自体だけでなく家電や家具、大切な思い出の品にも被害がふりかかることがあります。

想像するだけでも掃除や片付けが大変そうで、精神的にもつらいこと。絶対に避けたいですよね。

台風に強い家の特徴


ここからは台風に強い家の特徴を詳しく解説します。キーワードになるのは「構造・屋根材・窓」の3つです。台風被害への不安を減らし、安心して暮らせる家にしていきましょう。

風の力を受けにくい構造




台風は風が強まったり風の向きが変わったりと、予測が難しいもの。不安定な大気に伴って竜巻などの突風が吹くこともあります。まずは強い風が吹いたとしても、なるべく受け流せる構造にしておくのがポイントです。

代表的なのが平屋。建物が低いので、風を受ける面積が狭くなります。また同じ2階建てでも、間取りが正方形に近いシンプルな形の家、凹凸のない形の家がよいでしょう。

たとえば2階が飛び出していたり、大きく庇(ひさし)が張り出していたりすると、風の力を大きく受けてしまいます。

台風に強い屋根材




屋根材は飛ばされにくく、飛来物が衝突しても破損しにくい素材を選ぶのがポイントです。屋根材には瓦やスレート、ガルバニウムなどの種類があり、それぞれ特徴が異なります。


▷瓦屋根
・屋根材自体の防水性が高く、長持ちする
・重量があるぶん飛んでしまったときは危険


▷スレート屋根
・軽量で耐震性に優れており、低コスト
・軽量なので飛散や落下したときの被害を抑えられる
・約10年ごとのメンテナンスが必要

▷ガルバリウム鋼板
・防水性が高い
・飛来物でへこみやすい
・約10年ごとのメンテナンスが必要


瓦屋根は寿命がとても長く、きちんとメンテナンスすれば100年単位で使える屋根材です。しかし台風のニュースでも、瓦が剥がれ落ちたり、飛んでいったりしている映像を見ることがありますよね。屋根材のなかで最も重量もあるため、人にあたってしまえば大きなケガにつながり危険です。きちんと固定される「防災瓦」などを検討されるとよいでしょう。

一方でスレート屋根や金属屋根は、下地に釘やビスでしっかり固定されているもの。また屋根自体が軽くて丈夫なので、耐震性が高くコストも抑えられるなどさまざまなメリットがあります。ただし表面に塗っている塗装が劣化してくるので、平均10年スパンでメンテナンスが必要です。東宝ホームでは30年色褪せしにくい、「コロニアルグラッサ」というスレート屋根を採用しています。

窓を守る雨戸やシャッター




台風が来たとき、守るべきは窓。雨戸やシャッターでしっかりガードしましょう。

台風の大雨や強風のなか窓が割れてしまったら、ふさぐのは困難かつ危険。ガラスでケガをしないかも心配です。また窓から一気に風が吹きこむと、屋根を巻き上げたり家に大きな被害をあたえることも。

雨戸やシャッターは、リビングや寝室など長時間過ごす場所にあるとよいでしょう。電動シャッターなら雨が降り始めてからでも、窓を開けずにシャッターを下ろせますよ。台風の独特で不気味な音を軽減してくれて、心理的にも私たちを守ってくれます。

台風被害を受けにくい土地探し


台風に強い家をつくるには「そもそもどこに建てる?」かという視点も必要です。台風被害を受けにくい土地探しについてお伝えします。

ハザードマップを参考に




ハザードマップには「洪水が起きた場合どのくらい浸水するか?」の想定が載っています。過去に水害があった場所や、浸水が想定されている地域に気をつけましょう。最近は異常気象で予想を超える大雨も増えているので、まさかここまで…ということもあり得ます。

ただし100%安全な場所はありません。暮らしやすさや利便性との兼ね合いもありますよね。立地面に不安が残る方は、ハザードマップを参考にできる限りの対策をした上で、家自体の台風対策をより強化しバランスをとっていくのが良いでしょう。

浸水対策として基礎を高くすることも




基礎は家の一番下のコンクリート部分。長期優良住宅では、基礎の高さは地面から40cm以上が基準ですが、「高基礎」といってさらに基礎を高くする対策もあります。大雨で基礎の上にある木の土台や床材、畳まで濡れてしまうと復旧がとても大変だからです。

できるだけ水に浸かる可能性を下げておこうという、この対策。ハザードマップの想定浸水水位を見て、我が家にはどの程度の対策が必要なのか照らしあわせたり、相談してみると良いでしょう。高基礎には、見晴らしがよくなるメリットもありますよ。

まとめ


台風の被害と台風に強い家の特徴、台風被害を受けにくい土地探しについてお伝えしました。台風が多い九州地域で、これから何十年と安心して暮らしていくには、台風対策は必須ポイントです。

新築や土地をお探しの方は「災害が起こったとき大丈夫な家か?」の目線をぜひプラスしてみてくださいね。東宝ホームは地震や台風に強い家づくりに自信があります。一緒に家族を守れる家を考えましょう。展示場でお待ちしております。




2022.08.31 | 固定リンク