TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
初の平屋建て「ひびきの平屋宿泊展示場」がオープン!
ひと頃は「昔ながらの日本家屋」や「シニア世代が住む家」といったイメージもあった平屋建て。近年は、「生活動線をできるだけコンパクトにしたい」「老後の生活を見据えた間取りにしたい」などの理由から若い世代からも要望が寄せられるようになりました。

このたび、各エリアに宿泊体験展示場を多数展開する東宝ホームに、初となる平屋建ての宿泊できる展示場がオープンしました!
ニューノーマル時代にも適応する「これからの暮らし」を豊かにしてくれる間取り事例を盛り込んでいます。




◆1.5階だからできる開放的な平屋




光や風をたっぷり取り込める窓や1.5階まである高天井が開放的な空間を作り出しています。広々として居心地がいいリビングは、1つの空間ながら家族のパーソナルスペースを確保できるため、コミュニケーションと自分時間のバランスを取りやすいのがメリット。
自然と家族が集まる憩いのリビングを検討中の人にもきっと参考になることと思います。








高天井とつながるのは1.5階にあるロフト。大容量の収納スペースや趣味の空間など、ライフスタイルに応じて多目的に活用できます。高天井やロフトなど平屋建ての空間を最大限に生かすためには、断熱性が欠かせません。
東宝ホームは、「外張り断熱工法」で床下から屋根まで断熱することで、ロフトや床下も室内と同じ空気環境を保てます。天井ではなく、屋根から断熱しているため、夏の厳しい日差しでロフトが灼熱空間になることもありません。ぜひその快適性を実感してみてください。





◆在宅ワークをストレスフリーにする主寝室兼「リモートルーム」




落ち着いた雰囲気の主寝室。その奥にはリモートワークに最適な書斎スペースを設けています。さまざま働き方が見直されている今、「在宅ワーク」が快適にできたら、住まいの可能性がより広がっていくでしょう。

◆室内干しもできるランドリルームで家事ストレスを軽減




共働き世帯の増加をはじめ、大気汚染や人目が気になるなどにより洗濯物を外に干すことに抵抗があるなどを理由に室内干しされる人は増えています。新しいライフスタイルに伴い、洗面室の役割は多様化。同展示場では、室内干しができる広々としたランドリールームと収納スペースを確保した洗面室をご提案。日々の家事工程と照らし合わせながら検討されてみてはいかがでしょうか。

 

洋服を買うときは試着してから購入を決めるように、住まいも実際に住んでみなければ「本当に自分に合っているのか」がわからないもの。

「こんな間取りにしたい」という要望と冷静に向き合えるのが、宿泊体験展示場の最大のメリットです。ぜひ、ご家族そろって「ひびきの平屋宿泊展示場」をご利用ください。



2022.07.14 | 固定リンク