TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

知って得する♪木造住宅の豆知識 ~火災保険について~
住宅を購入するにあたり、ほとんどの方が火災保険に加入されることと思います。
「木造住宅は鉄骨住宅に比べて、火災保険が高くなるのでは?」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。


火災保険料を決める要素の一つに建物の構造がありますが、建物が燃えにくい構造であれば保険料が安く、燃えやすい構造であれば保険料が高くなることが一般的です。しかしながら、ひと口に“木造住宅”といっても、さまざま仕様があり、木造住宅であっても火災保険料を大幅に抑えることができます。





◆火災保険料が40~50%も安くなる!?◆


さまざまな燃焼防止の構造や性能を兼ね備えることで、耐火構造であると認められた場合は、“省令準耐火構造住宅”として、火災保険の金額を抑えることができます。省令準耐火構造として認められていない木造住宅と比べると、保険料が通常より40%~50%程度も安くなります!長期間支払っていくことを考えると、その負担額の差は大きいですね。

◆東宝ホームは全戸標準“省令準耐火構造”◆


他社メーカーなどで、すでに住宅の建築プランなどが決まっている場合だと、“省令準耐火構造”の基準を満たすために追加の工事費用が掛かってしまう場合があります。しかしながら、東宝ホームでは、住宅を購入される全ての方に、「安心」「快適」「お得」なお住まいをご提案したいという想いから、全戸で“省令準耐火構造住宅”を標準としています。住み心地と安心感はわけることはできず、どちらもつながっているというのが私たちが大切にしている考えです。
ハウスメーカーや工務店を選ばれる際、「省令準耐火構造が標準仕様かどうか?」という点は火災保険料はもちろん、安心感や快適性のも目安のひとつになるといえます。これから住宅を建てる方は、ぜひ確認していただきたいポイントです。
東宝ホームの家づくりをわかりやすくご説明したテクニカルカタログ『安心が見えるBOOK』をご用意しております。長期優良住宅、省令準耐火構造、構造、断熱、ハイブリッド・エア・コントロール住宅、アフターサービスなど、安心・安全における東宝ホームの家づくりがわかる内容となっています。もちろん、資料請求も可能です。


また、「家づくり」に関するご相談を幅広く受け付けております。
家づくりを検討されている方、住宅ローンについて知りたい方、土地をお探しの方、新築住宅の購入を検討されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください!
2020.06.25 | 固定リンク | 家づくり