TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
土地を買うのはどうすれば良い?損をしないための注意点も含めて紹介
マイホームを建てるとき、最初の大きな決断が土地を買うことです。しかしどのように土地を探せばいいのか分からないという方も多いですよね。

今回はどのように土地を買えばよいのか、どんなポイントに注目して選ぶべきかなど徹底的に解説します。

土地を買う、購入するにはどうすれば良い?





土地というのは、なんとなく探していてもなかなか出会えません。住みたいエリアや広さ、土地の予算、どんな家を建てたいか…などイメージしたうえで、次のように土地を探していきましょう。

土地はどうやって探す?





最も手軽な土地探しの方法が、インターネットで検索してみること。

「○○市 土地」などのキーワードで調べると、売りに出されている土地の情報を簡単に見ることができます。土地の相場感を知るためにも役立ちますよ。

インターネットに載っていない土地もあるので、不動産業者も訪ねてみましょう。エリアや広さなどの希望を伝えて、いくつか候補をピックアップしてもらえます。

ここで一つ注意点が!不動産業者は土地については詳しいのですが、家のプランまでは分からないのです。そのため土地探しの段階から、住宅メーカーにも手伝ってもらうとよいでしょう。

東宝ホームでは、お客様の条件にぴったりの土地をご紹介するサービスも行っています。

気になる方はお気軽にコチラからご相談してください。

安く土地を買う方法はある?





土地には相場というものがあり、「極端に格安な土地」というのは基本的には存在しません。

土地代を節約するなら「絶対に〇〇エリア周辺が良いけれど、方角は気にしない」など優先順位を決めるのがコツです。

たとえば一般的に東南角地は値段が高く、北向きは安めになることが多いです。他にも不整形地(三角形や傾斜地など)は土地の評価が低く、整形地に比べて値段を抑えることができます。

土地のデメリットが建物の設計で解決できることもあるので、ハウスメーカーといっしょに土地を探すことも一つのポイントになるでしょう。

土地を買う流れ





不動産業者やハウスメーカーと土地を探し、気になる土地が見つかったら、次のように購入を進めます。

➀買付証明書を提出する



まずは「買付証明書」を提出し、その土地を購入する意思を売主さんに示します。契約ほど厳格な書面ではありませんが、特別な事情がない限りは必ず購入することになります。

そのため買付証明書を出す前に、その土地の情報をしっかりと把握しておくことが大切です。

②土地売買契約を結ぶ



売主・買主双方が条件に納得すれば、売買契約へと進みます。重要事項説明で土地の情報の最終チェックをして、すべてに納得できたら手付金などを支払って契約を締結するという流れです。

手付金は土地代の10%程度が目安。金額は売主さんとの合意で決まるので、もし用意できる現金が少ないようなら仲介会社に伝えておきましょう。

また仲介会社を通す場合、このタイミングで仲介手数料の半金も支払います。

③土地の引き渡し



土地の引き渡し直前に、土地代と仲介手数料の残金を支払います。

住宅ローンのお金は建物の引き渡しのときにおりるので、もし土地にもローンを使いたいということであれば「つなぎ融資」や「土地先行融資」などを検討しましょう。

すべて清算できたら、いよいよ土地の引き渡しです。土地の所有者が変わるので、法務局で所有権移転登記という手続きを行います。これは司法書士さんへ依頼するのが一般的です。

土地が自分のものになったら、地盤調査や具体的な建物の打ち合わせへと進みましょう。

土地購入の注意点!損をしないために気を付けるポイント





希望に合う土地でも、思わぬ落とし穴があるケースもあります。損をしないためにも、買付証明書を提出する前に以下のポイントを確認しておきましょう。

ポイント1:余計な費用はかからないか?



同じように見える土地でも、家を建てるために整備をしなければならないケースがあります。

たとえばよくあるのが軟弱地盤の土地。そのまま家を建ててしまうと、地震のときに建物が傾いたり沈下したりする恐れがあります。地盤改良工事の費用がかかるので、購入前に確認しておきたいポイントです。

また住宅用地であっても、必ず上下水道やガスが整備されているとは限りません。整備されて場合は引き込み工事に数十万円の追加費用がかかってしまうので、配管状況も確認しましょう。

ポイント2:希望の広さや間取りが叶うか?



どんな家が建つかは、土地の形状や広さによって大きく左右されます。

土地の形としては、長方形や正方形に近いほうが住宅建築には向いています。ただし三角形や五角形などの変形地、極端に細長い土地であっても、土地の特徴を活かして住みやすい家を建てることは可能です。

住宅メーカーの設計力が問われるので、よく相談してから購入されるとよいでしょう。

また土地の「建ぺい率」と「容積率」も重要です。土地の広さと建ぺい率、容積率からだいたいの家の大きさが決まってくるので、希望の広さの家が建つかどうか確認しましょう。

ポイント3:周辺の環境は?



最後に、土地の周辺環境をチェックしましょう。隣家との境界線がハッキリしない場合は、土地を購入する前に明確な線引きを。あいまいにしておくと、お隣の方とのトラブルにつながりかねません。

隣家の高さや距離感、窓の位置も確認しておきましょう。窓の位置や目隠しのしかたなど、採光・通風・プライバシーに配慮して設計することで、快適な住まいになります。

買ってはいけない土地とは





都市計画法で「市街化調整区域」と指定されているエリアは要注意!農業や林業を行う地域として市街化が抑制されているので、原則として家を建てることができません。

そして建築基準法の「接道義務」を満たしていない土地にも注意しましょう。
住宅を建てる土地は「幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」というルールがあります。火災や災害が起きたときの避難経路を確保し、消防車や救急車が通れるようにするのが目的です。


もし現状その土地に古い家が建っていたとしても、接道義務を満たしていなければ新しい家に建て替えることができません。

ただし絶対NGというわけではなく、「セットバック(※)」などの方法で建築可能になる場合もあります。

土地が道路に接していなかったり、前面道路や間口が狭かったりする場合は、家を建築できるか解決方法を探る必要がありますので、必ずプロに相談しましょう。

※セットバック:道路幅員が4m未満の場合、道路の中心から2mのところまで敷地境界線を後退(セットバック)させることで、建物を建てられるようにする方法

土地を買う際に必要になる諸費用





最後に、土地代以外に必要な諸費用についても、簡単に見ていきたいと思います。


  • ・仲介手数料:土地代×3%+6万円が上限(消費税もかかる)

  • ・印紙代:不動産売買契約書に書かれた金額によって納税額が変わる

  • ・登記費用:司法書士に5~10万円程度支払うのが一般的

  • ・ローン手数料:金融機関によって異なる



土地の購入時は、諸費用を含めた資金計画をしましょう。

さいごに





土地選びによって、希望の家が建てられるか、理想の暮らしが叶うかが決まってきます。また土地代が高すぎると建物にかける予算が足りないということにもなりかねないので、建物と土地のトータルで資金計画を立てることも大切です。

東宝ホームでは無料で土地探し相談サービスを実施しています。ホームページに掲載していない土地も個別にご案内できますので、まずはお近くの東宝ホームまでぜひお気軽にご相談ください。

2021.10.11 | 固定リンク