TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【お客さま事例】~S様邸~ 子育ても家時間ものびのびと♪平屋+勾配天井の住まい
~S様邸営業担当者・田中英嗣にインタビュー!~

土地面積100坪、駐車場スペース4台分と広々とした敷地に建つS様邸。
昨今、人気を集めている平屋+勾配天井の開放的なお住まいです。
それぞれの時間を楽しめるゆったりとした空間設計や、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールの住み心地など、S様邸の事例をご紹介します♪





◆OB様からのご紹介で家づくりがスタート!◆

Q:家づくりのキッカケは?

A:東宝ホームのOB様よりご紹介いただいたのがS様です。「子どもの実家づくりをしたい!」という家づくりのコンセプトをお持ちで。思い出がいっぱい詰まったお家で、楽しいことも辛いことも家族で共有していける“我が家づくり”をご希望でした。

「お客様が本当に幸せになる!」という着地点を目指すためには、できないことはできないと伝えなければいけないこともあります。伝えるときは心苦しいですが、“幸せになる”というゴールのためには必要なことです。S様からは「田中さんは、できないことはできないときっぱり判断してくれた所も信頼できました!」と言っていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

Q:間取りの要望や工夫を教えてください。

A:「家族それぞれが好きなことを思う存分楽しむことができて、お互いを尊重し合えたらいいね!」と話されていたS様。家族や友人が自然と集まりたくなるほど広々としたLDKや、リビングと繋がる和室など、程よく距離を保ちながら、家族の存在を感じることができるような空間設計を手がけました。

なんと言っても、S様邸のシンボルはLDKに配した勾配天井です!勾配天井には木目を用いて、温もりのある雰囲気を演出しています。ソファーに横になったとき、高く伸びる天井を望むだけで、きっと心身がリラックスできるのではないでしょうか♪







◆住宅性能が良いと快適、そして光熱費が安くなる♪◆

Q:実際に入居されてからの感想はいかがですか?

A:入居されてから初めての夏を迎え、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールによる、夏サラサラの心地好さを実感されているようです!家の中がどこにいても湿気でジメジメしておらず「室内干し用のランドリールームを閉め切っても全く室内干し臭がしない!」と喜んでおられました♪以前のお住まいと同じ洗濯洗剤を使っているので室内環境の違いは間違いないようです。最低限のエアコンで家全体が涼しくなるため、光熱費が半分になったことにも大変驚かれていました。

また、以前の住まいでは、テレビの音が外に漏れて近所迷惑かも…と心配になることもあったそうですが、今では家の中にいると雨が降っている音も聞こえないほど遮音性の高さを実感。お子さんたちも思う存分お家時間を楽しまれているようです。

お客様事例は次月もお届け予定です!
お楽しみに!
保証についてコレさえ聞けば大丈夫!「“無料で最低●年”ですか??」
家づくりにおいて、何十年と安心して住み続けるために設定されているのが、点検・保証システム、アフターサービスです。しかしながら、保証については“最長●年”や“最低●年”など、様々に表現されていて、保証範囲は「その年数、どこまでが無料で保証されているの?」など、お客さまにとって曖昧でわかりにくいこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、住宅の保証について「ココさえ押さえていれば大丈夫!」というポイントをお伝えしていきます!



■重要なのは“最長”ではなく“最低”■

住宅の保証期間について『最長●年!』とインパクトを訴えているケースを見かけますが、注意が必要です。パンフレットのあたまに『最長●年!』と書いてあっても、その下に小さく書かれた説明書きを確認すると、様々な条件が記載されてることもあります。。

はっきり言ってしまえば最長の数字は見なくて構いません。確認すべきは、“無料”で“最低”何年保証されているのかということ!そして、家の骨組みである“構造体”が保証されているのかをぜひ確認してみてください。「構造体を無料で最低何年保証できるのか?」という部分は、その住宅メーカーがいかに頑丈で長持ちする構造材を使っているかの証でもあります。

*パンフレットなどを見て理解できない場合は、担当者に直接確認してみましょう!*

■長期優良住宅は構造体の10年保証が必須■

長期優良住宅は、構造体の10年保証が義務付けられています。全戸標準仕様で長期優良住宅を手掛けている東宝ホームでは、その義務保証期間を超えて“20年保証”です。地域密着型で20年保証を実現しているメーカーは東宝ホームだけ!安心の保証システムの理由は、優れた構造材にあります。

■経年変化にも耐えられる構造部材J-WOOD■

東宝ホーム住宅は、標準仕様で住宅の性能・耐久性に大きな威力を発揮する『J-WOOD』を使用しています。人間と同様、家にとって骨にあたる構造材は最も重要な部分です。いつまでも頑丈で長持ちする住宅、そして保証をするためには、丈夫な構造材が必要不可欠になります。

住宅の構造部など見えない部分はイメージしにくいかもしれませんが、「見えない部分こそ、どれだけ熱く語れるか!?」は、保証に関するパートナー選びポイントではないでしょうか。
ぜひ、参考になさってください!
2019.09.12 | 固定リンク | 家づくり
人生の転機になった一通の手紙  ~スタッフ回顧録Part-①~
他拠点でお届けしている営業スタッフのお客さまストーリー【スタッフ回顧録】。今月より北九州支店でも連載がスタートします!東宝ホームで実際に家を建てられたお客さまの『家づくりのキッカケ』『パートナー選びの決め手』『プランニング』など、様々なストーリーを綴っていきますので、ぜひお付き合いください♪

**今回は「自身もマイホームを新築したばかり!」営業スタッフ・山浦にインタビューしました!**



■「若くして家を建てる」という共通項で意気投合!■

Q:お客さまとの出会いを教えてください。

A:ご夫婦とお子さま、ご友人で展示場に来場されたことが最初の出会いでした。僕自身が若くして家を建てたこともあり、お客さまと歳が近かったのですぐに打ち解けることができ、ざっくばらんに色々なお話ができたことを覚えています。

当初は比較的ご予算を制限して検討しておられたお客さまでしたが、職業や年収をお聞きし、もう少し予算をアップしても問題ないのでは?とご提案したところ納得していただけて。無事に希望のエリアに土地を紹介することができました。

Q:いよいよ住まいのプランニングがスタートしたのですね?

A:ところが、具体的なプランニングの打ち合わせを何度か重ねているうちに、突然「他社メーカーが安くて良い土地を見つけてきてくれた!」とご連絡をいただいて。僕自身、お客さまと良い関係性を築けていたこと、既に土地が決まっているという安心感があって「この土地でいこう!」と進んでいる最中だったので、その時点で継続的に新たな土地を探していませんでした。もちろん、好条件の土地が見つかったことは喜ばしいことです。しかし、家づくりは土地が見つかって終わりではありません。住宅の構造や性能、何より人と人との繋がりが大切だと信じていたので、このまま諦めることはどうしてもできませんでした。。

■「本当に安心して住みたい!」と決意を新たに■

Q:その後、どのような展開になったのですか?

A:迷いもありましたが、僕の素直な想いを手紙にしたためることにしました。その手紙は折しも、お客さまが他社メーカーさまと本契約を交わす日の朝に奥様が開封することになったのです。すぐにお電話をいただき、奥様は「もう一度山浦さんとお話がしたい」「家づくりについて主人と腹を割ってもう一度話し合ってみます」とおっしゃってくださいました。

それから、その土地の安全面や立地条件に不明な点が出てきたこともあり、お客さまは他社さまとの契約を一旦白紙に。ただ、こちらで紹介予定だった土地も解約してしまっていたので、ゼロからのスタートになってしまいました。

Q:それから、無事に土地は見つかったのですか?

A:はい!土地探しで紆余曲折あったことから、お客さまは「本当に安心して住める場所に住みたい!」と決意を新たにされ「山浦さんが住んでいるひびきのに私たちも住みたい」と言ってくださったのです。当初の計画からすると、土地もエリアもガラリと変わったことになります。
それから、いよいよ家づくりのプランニングがスタートしたのですが、契約前から意思や要望の疎通がしっかりとできていたので、スムーズに進んでいきました!

Q:お客さまと強い絆で結ばれたのですね!

A:実はその後、お客さまからもお手紙をいただきまして…。そこには「あの手紙が私たち家族の人生の転機になった」と書いてありました。今でも、「住宅の営業は本当にすごい仕事だ」と思いますし、身が引き締まる想いでいっぱいです。お客さまのお住まいはまもなく着工します!これからもお客さまご家族を見守り、お付き合いを育んでいきたいです!

いかがでしたか?【スタッフ回顧録】は次月以降も連載予定です。お楽しみに!
2019.09.05 | 固定リンク | 家づくり