TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

カビに対する不安から依頼先を変更!壁内も通気する『ハイブリッド・エア・コントロール』で湿気の不安と無縁の家づくり ~スタッフ回顧録Part—④~
今回お届けするのは、他社メーカーと契約直前までプランニングが進んでいた矢先、カビに対する不安から東宝ホームの構造見学会にお見えになったお客様の家づくりストーリーについて、担当営業の河野にインタビューしてきました。





Q:お客様との出会いを教えてください。

A:分譲地で開催した構造見学会にお見えになったことがお客様との最初の出会いです。奥様と奥様のご両親でご来場されたのですが、住宅の性能について既に沢山の知識を持っておられることが印象的で。複数の建設現場がある分譲地でしたので、基礎・土台・骨組み・断熱材施工後・完成間近まで、段階的な構造現場を隈なく見学していただき、さまざまな質問にお応えしたことを覚えています。

Q:展示場より先に構造見学会に来場されたのですね。

A:はい。構造見学会では東宝ホームの外断熱やハイブリッド・エア・コントロール性能に高い関心を示される一方で、なにか深く考え込まれている様子が気になっていました。同日の午後、近隣の展示場のご案内した際、お客様が「実は・・・」とある実情を打ち明けてくださったのです。

その実情とは、既に全国区で性能に定評がある他社ハウスメーカーで契約済みであるということ、しかしながら、そのハウスメーカーで家を建てた方のSNSで「カビが生えてきた!」との投稿を見て一気に不安になったこと。そして、担当営業の方にカビ対策について尋ねたところ「大丈夫です」という返答しかもらえず、不安が不信感に変わってしまったとのことでした。

Q:東宝ホームの『ハイブリッド・エア・コントロール』性能に高い関心を示された理由はそこにあったのですね。

A:その通りです。どのメーカーにもある『24時間換気システム』と東宝ホームの『ハイブリッド・エア・コントロール』は全く異なる性能です。『24時間換気システム』は室内と室外の通気を確保して、PM2.5を抑えたりと“室内”の空気環境を良くするもの。一方で、東宝ホームの独自工法『ハイブリッド・エア・コントロール』は、住んでからは目には見えない“壁内”の通気を確保して、壁の中の湿気や余分な熱を排出するものです。カビは壁内に湿気が溜まることによって発生するので、カビや湿気から家を守るには、壁内の通気が必要不可欠というのが私たちの考える家づくり。どれだけ壁が厚く、断熱性や気密性に優れていても、壁内の湿気を排出できなければ、“丈夫で長持ちする住まい”とはいえません。ましてや、九州地方は非常に湿気が強い土地柄であることからも、湿気対策の重要性がおわかりいただけるかと思います。

Q:お客様にとって『構造見学会』に来場するメリットとは?

A:東宝ホームの家づくりは、『外断熱』や『ハイブリッド・エア・コントロール』をはじめ、どの建築段階にも特徴があります。展示場や宿泊体験では、住み心地の好さなどを体感できますが、構造について腑に落とすには、実際の現場を見ることができる『構造見学会』がオススメです。ご興味があれば、基礎・土台・骨組み・断熱材施工後・完成間近まで、どの段階の現場でもご案内できます。隠すところがない家づくりをぜひお客様ご自身の目で確かめていただきたいです。

その後、お客様の家づくりはどのように進んでいったのでしょうか?
スタッフ回顧録Part-④の続きは、次々回にお届けします。
2019.12.26 | 固定リンク | 家づくり
夏はサラサラ冬はポカポカの秘密|ハイブリット・エア・コントロール住宅
北九州はもちろん、西日本エリアの気候の特徴といえば、
「夏は暑くて湿気が多い、冬は寒くて空気が乾燥する」ではないでしょうか。
人の身体にとっても不快なこの状態。
実は、家にとっても良い状態とはいえないのです…。
西日本エリアの気候を踏まえ、住み心地のいい、頑丈な家づくりを研究している当社。
独自に開発した『外周壁内通気工法』にて、給排気・空気循環効果で湿気・蒸れを発生させない、エア・コントロール住宅を実現。
多くのお客様がその効果を実感しています!



■夏場はスイッチON!壁内を蒸らさない♪
住宅の大敵である湿気。温度が約25℃、湿度が約70%以上でモノが腐ったり、カビが生えたりするといわれています。
ちなみに、西日本では5月から9月末までが最も湿気が発生する時期です。
お掃除するときなどに気になる室内のカビ。
浴室や洗面所、台所のシンクや窓辺、収納や押し入れななど、目に触れるところはとても気になりますよね。
 
■本当は怖い壁の中!
そのカビは目に見える所にとどまらず、壁の中でカビが大繁殖すること事実をご存知ですか?
東宝ホームは、見えないところまで快適に暮らせる対策をとっています。
湿気が発生する期間は、エア・コントロールのスイッチをONにして、機械で夏場の淀んだ床下空気や壁内の湿気を強制的に排出!それにより、柱や壁材も乾燥した状態を保つことができます♪



■冬場はスイッチOFF!地熱を利用して壁内を暖かい空気で包み込む♪
地熱の影響を受けた冬場の床下空気は平均約18℃。その暖気を直接床部材にあてることで床材の冷たさを軽減します。また、乾燥した暖かい空気はその熱をつたって壁内を周っていくため、住宅の外周が暖かい空気で囲われ、魔法瓶のような状態に!
交通事故よりも多い家庭内の死亡事故。上位となるお風呂場での事故は、原因とされる1つにヒートショックがあります。
冬場でも部屋間で温度差が生じないことは、ヒートショックの減少など、住む人の家庭内の事故を防ぐことにもつながります。
 
■住宅にも家にも優しいエア・コントロール住宅
いかがでしたか?夏場と冬場の空気の“在り方”を追及した、東宝ホームの家づくりの三本柱である、ホントの“快適・頑丈・安心”に欠かせない要素であることをおわかりいただけたでしょうか?
これからも家づくりに関するコンテンツを幅広くご紹介していきますので、ぜひお付き合いください♪
2019.12.25 | 固定リンク | 家づくり
抽選で新築一棟880万円にて建築!『東宝ホームプレミアム仕様・建築家住宅GX-Z 2020発表記念キャンペーン』がいよいよスタート!
◎新築一棟が880万円(税別)で建てられる!
◎副賞としてキャンペーン期間にご成約様全員に『無料でプレミアム仕様にグレードアップ』
東宝ホームプレミアム仕様・建築家住宅4つのタイプよりお選びいただけます!◆スタディーコーナーのある家
◆主寝室にロフトがある家
◆2面ウッドデッキを楽しむ家
◆勾配天井のある平屋の家
毎年、多数のお客様からお申し込みいただいております!
早めのお申込みをおすすめ致します!
どうか、お見逃しのないようお願いいたします♪



応募条件や申し込み方法をお伝えします!
≪応募条件≫
原則として北九州・下関・筑豊・京築エリアに施工可能な土地(購入予定地・借地でも可)をご用意できる方としています。
※土地をお持ちでない方は、ご希望のエリアの土地探しや、当社分譲地をご案内しますのでお気軽にご相談ください♪(福岡エリア、熊本エリアで実施のキャンペーンと内容が一部異なります)

◆どんな住宅を建てられる?
今回、抽選で新築一棟880万円(税別)で建てられる住宅は、東宝ホームプレミアム仕様・建築家住宅の4タイプからお選びいただけます。(自由設計の場合は500万円の値引きでご対応いたします!)



≪申し込み方法≫
申し込み期間:2020年2月29日(土)まで
申し込み方法:下記の受付会場(営業時間10時~18時)にて本申し込み用紙に記入していただき正式応募となります。※メールやハガキにて仮申込が可能

・東宝ホームRKB住宅展小倉北
・東宝ホームRKB住宅展小倉南
・朝日ハウジングプラザ学研都市ひびきの展示場
・城野宿泊展示場
・飯塚営業所
・宗像店

抽選日:2020年3月14日(土)
当選発表:東宝ホームwebサイトにて発表‼

年に1度のビックチャンスをその手で掴みにきませんか?
それでは、各受付会場にて皆さまのお申込みをお持ちしています‼


『東宝ホームプレミアム仕様・建築家住宅GX-Z 2020発表記念キャンペーン』特設ページ
【公開終了】https://kitaq-toho.com/880/
【今年度・新卒社員インタビュー】~東宝ホームってどんな会社?~Part.-②
今年度に入社した新卒社員4名にフォーカスをあて、東宝ホームへの入社を志望した理由や、入社してからの業務の様子など、様々な角度からインタビュー!
今回は、Part-②として実際の業務について質問してきました。

【インタビューした新卒メンバー】
北九州支店/八幡営業所/ひびきの店Ⅱ課 営業:三浦 瑠加
北九州支店/RKB小倉北店 営業:福井 将也
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:森 萌香
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:北 真莉子

Q:実際の業務がスタートしてみてどうですか?

【福井】



◆初契約はビルトインガレージのある住まいです!◆

自分自身、自社のことだけでなく、幅広く住宅の知識を身に付ける必要性を感じたため、入社してから身に付けた知識を“伝わること”に昇華させるために、帰宅後も動画などで住宅に関する性能や知識を学習しています。

また先日、お電話でお問合せをいただき、土地のご紹介から担当させていただいたお客様との契約が決まりました!2台駐車可能なビルトインガレージ、オーバースライダーのシャッターで、デザイン性の高い住まいが完成する予定です。お施主様とは、お子さんの志望高校が僕の母校であったため、地元トークで盛り上がったりと、親しくお付き合いをさせていただいています。

【三浦】





◆学童保育のバイト経験を活かして◆

実際に自分が抱いていた住宅営業マンのイメージは、パリッとスーツを着こなしているクールな印象だったのですが、実際はイベントの下準備から当日のスタッフをしたり、所有する分譲地や分譲住宅の草刈りをしたりと、力仕事もあることに驚きました。そうやって、お客様やオーナー様と触れ合える機会が多いこともこの仕事の魅力だと感じています。

僕自身、大学時代に小学校の学童保育のバイトをしていたことで、子育て中のお客様から学童の事情を尋ねられることも多く、学生時代の経験が役に立って嬉しい限りです。なかでも、子育て中の方から高い人気を集めているのが、ひびきのエリア。平成29年4月に新設されたひびきの小学校は、生徒数1000名とマンモス校です。この地域は、治安や環境が整っていて、同世代のご家族が集まっていることも大きな魅力です。

【森】

◆設計もできるコーディネーターを目指して◆

東宝ホームでは、設計士や営業がインテリアコーディネートを兼任するのではなく、専任が担当します。そのうえで、設計士とインテリアコーディネーターの連携がしっかり取れている点も大きな特徴です。私自身は、設計もインテリアもトータルでコーディネートを提案できるスキルを身に付けたいと思っていて。住まいや造作家具だけでなく、ご要望があれば、お客様自身で購入される家具の色をアドバイスしたりと、細部まで気を配れるコーディネーターを目指していきます!

【北】

◆インテリアの現物が揃う『ホームギャラリー』◆

実際にインテリアコーディネートの打ち合わせに同席してみると、ドアの取っ手1つなど細部まで決めていくことに驚きました。東宝ホームでは、壁紙や床材など、コーディネートの素材が集約されたホームギャラリーでプランニングを行います。カタログだけでない、現物を見ながら住まいのコーディネートをプランニングできる点が大きな魅力だと思っています。

いかがでしたか?
このシリーズを通じて、東宝ホームの社風や雰囲気などをイメージしていただけると嬉しいです♪またの機会をお楽しみに!
住宅の営業マンがリアルな目線で語る!~土地探しのアドバイス~ Part②
前回のPart①では、下記の3つのポイントをご紹介しました。
■土地探しをはじめるなら住宅ローン融資の金額を確認する。
■土日は来場者が増えるので申し込みや契約が増える!
■申し込み時のお預かり金は契約にいたらなかった場合は返金される!

理想の土地と出会うためには、多少のスピード感、決断力が必要というお話でしたが、殆どの方が初体験となる土地の購入だけに不安になるのも当然のこと。不安な気持ちを解決するには、やはり“知る”ことが一番大切です。そこで今回は、前回に引き続き、RKB小倉北店の黒瀬店長による、土地探しをもっと身近に感じていただける知識やアドバイスをお届けします。



◆不動産業者が開店して数時間で売れてしまうケースも!◆

不動産業者が開店して数時間で売れてしまう土地もあるほど、人気のエリアや好立地、好条件となると、正直言ってスピード感が必要です。インターネット上で広告をしている物件も多く、土地の流通は誰でもいつでも目にすることができます。理想の土地をいち早く手に入れるためには、いかに早く窓口に連絡が付くかということもポイント。「まずは書面を郵送してもらってから…」と時間を掛けていると、間に合わないケースも出てきてしまいます。スピーディーな連絡で判断するためには、やはり信頼のおけるパートナー(ハウスメーカーなど)選びが前提にあると思います。

◆ハウスメーカーに依頼するのが良い理由◆

土地は家を建てるためのものであり、ハウスメーカーは家を建てたい顧客様をたくさん持っているため、土地の仲介業者は、新しい土地が出ると真っ先にハウスメーカーに情報を提供します。また、ハウスメーカなら複数の仲介業者と繋がっているため、個人で仲介業者を回るよりも、効率的に土地の情報を手に入れることが可能です。

インターネットで物件を検索していると、造成中なのに「売約済み」となっている土地があったりしますが、これは一般公開される前に仲介業者からハウスメーカーなどに情報が提供されて、売約となったケースです。一般の方に情報が提供される前から「土地は動いている」というのが現状。また、ハウスメーカーなら「家を建てることを前提」として立地や環境などを精査していることも家を建てる方にとって利点になります。

◆どんな気持ちも営業マンが受け止めます!◆

土地の購入は高額なうえ、自分たち家族や次の世代へと受け継がれていくことを考えると、慎重になったり、迷いが生じて当然です。そんな想いは私たち営業マンがしっかり受け止めて、必要な知識や情報などをご提供し、その都度1つひとつ解決していきます。まずは「ご自身の要求をしっかりと伝える」「わからないことは質問する」というスタンスをもっていただくことが大切です。



>>北九州エリアの宅地・分譲地情報は(https://kitaq-toho.com/lot/)よりご覧いただけます。併せてご参照ください!
2019.12.05 | 固定リンク | 家づくり