TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

知って得する♪木造住宅の豆知識 ~火災保険について~
住宅を購入するにあたり、ほとんどの方が火災保険に加入されることと思います。
「木造住宅は鉄骨住宅に比べて、火災保険が高くなるのでは?」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。


火災保険料を決める要素の一つに建物の構造がありますが、建物が燃えにくい構造であれば保険料が安く、燃えやすい構造であれば保険料が高くなることが一般的です。しかしながら、ひと口に“木造住宅”といっても、さまざま仕様があり、木造住宅であっても火災保険料を大幅に抑えることができます。





◆火災保険料が40~50%も安くなる!?◆


さまざまな燃焼防止の構造や性能を兼ね備えることで、耐火構造であると認められた場合は、“省令準耐火構造住宅”として、火災保険の金額を抑えることができます。省令準耐火構造として認められていない木造住宅と比べると、保険料が通常より40%~50%程度も安くなります!長期間支払っていくことを考えると、その負担額の差は大きいですね。

◆東宝ホームは全戸標準“省令準耐火構造”◆


他社メーカーなどで、すでに住宅の建築プランなどが決まっている場合だと、“省令準耐火構造”の基準を満たすために追加の工事費用が掛かってしまう場合があります。しかしながら、東宝ホームでは、住宅を購入される全ての方に、「安心」「快適」「お得」なお住まいをご提案したいという想いから、全戸で“省令準耐火構造住宅”を標準としています。住み心地と安心感はわけることはできず、どちらもつながっているというのが私たちが大切にしている考えです。
ハウスメーカーや工務店を選ばれる際、「省令準耐火構造が標準仕様かどうか?」という点は火災保険料はもちろん、安心感や快適性のも目安のひとつになるといえます。これから住宅を建てる方は、ぜひ確認していただきたいポイントです。
東宝ホームの家づくりをわかりやすくご説明したテクニカルカタログ『安心が見えるBOOK』をご用意しております。長期優良住宅、省令準耐火構造、構造、断熱、ハイブリッド・エア・コントロール住宅、アフターサービスなど、安心・安全における東宝ホームの家づくりがわかる内容となっています。もちろん、資料請求も可能です。


また、「家づくり」に関するご相談を幅広く受け付けております。
家づくりを検討されている方、住宅ローンについて知りたい方、土地をお探しの方、新築住宅の購入を検討されている方など、どのようなご相談にも無料でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください!
2020.06.25 | 固定リンク | 家づくり
【事例紹介】家事ラクを実現する回遊動線の住まい 

今回は、行橋市でマイホームの夢を叶えたK様邸を【八幡営業所 ひびきのⅠ課】に常駐する営業・岡本智治がお届けします。家づくりのキッカケや実際の住み心地、特徴的な家事動線など、家づくりの参考になるヒントがたくさん。ぜひ、お役立てください!






◆希望以上の土地の紹介で計画がスムーズに◆

 

Q:ご依頼のキッカケを教えてください。

 

A:「賃貸の家賃を払い続けるのは勿体ない」と家づくりを決意されたK様。東宝ホームを含め数社の住宅メーカーを見学し、比較検討しておられました。その後、東宝ホームで家づくりをされた知人からの評判が高いこと、奥様が「東宝ホームで建てたい!」と一押ししてくださったことから、正式にご依頼いただくことに。自社保有地や分譲地を豊富に確保していることも高く評価していただき、駅にも学校にも近い、理想的な土地をご紹介することができました。

 

Q:間取りの特徴はありますか?

 

A:ご夫婦と3人のお子さま、愛猫の5人+1匹で暮らすK様ファミリー。家族が集まるLDKは、吹き抜けで広々とした空間に。開放感を実現しながらも、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法により、エアコンを少し効かせるだけで、家全体が夏は涼しく、冬は暖かくと快適さを維持できます。また、収納を適材適所につくることで、スッキリと暮らせるように設計しました。










 

アイランド型の対面キッチンは両サイドの動線が動きやすいだけでなく、リビング全体を見渡せる配置でいつでもお子さんとコミュニケーションを図ることができます。

 

 

◆湿気でジメジメしない工法で部屋干しを快適に◆

 

Q:家事動線が特徴的だとお聞きしました。

 

A:浴室・洗面、ランドリールーム、ウォークインクローゼットをぐるぐると回遊できる動線を採用。洗濯した衣類を、「干す」→「たたむ」→「収納する」という作業を一直線で行えるようにすることで、家事の負担をグッと軽減しています。ハイブリッド・エア・コントロールによって、一年を通じて湿気でジメジメしない環境を維持しているので、部屋干しも快適です。ランドリールームはキッチンと一直線に配置したことも家事ラクのポイントとなっています。



 




Q:実際の住み心地の感想は?

 

A:住み始めてからも嬉しい発見がたくさんあったと報告してくださいました。リビングとつながる小上がりの畳コーナーは、ベンチやお子さんのお昼寝スペースとしても活躍しているそうです。また、昨冬を過ごしてみて、床暖房がなくても暖かく、「子どもたちも猫ものびのびと過ごしています!」という感想をいただきました。




 

いかがでしたか?

東宝ホームの営業マンは転勤がないので、住み始めてからも続けてお付き合いをさせていただき、末永く快適な住まいのサポートをしていきます。土地探し、資金のことなど、家づくりに関してわからないこと、気になっていることがあれば、いつでもお気軽にご相談ください!