TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

花粉やPM2.5の悪影響から家族を守る!キレイな空気を維持できる家づくり
春が近づくにつれ「花粉のことを考えると憂鬱…」「外ではマスクをしてるけど、家の中で鼻がムズムズする!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、家づくりで実現できる“花粉対策”についてご紹介していきます。



◆『24時間換気システム』は「第一種換気」がおすすめ◆



一般的に“換気”というと、窓を開けて外の空気を取り入れることをイメージされるかもしれません。ですが、それではきれいな空気を入れているつもりでも、花粉やPM2.5などアレルゲン物質まで家の中に入ってきてしまいます。

全ての住宅に導入が義務化されている『24時間換気システム』。第一種から第三種まであるなかで、最もキレイな空気を供給してくれるのが「第一種換気」です。東宝ホームも標準採用する「第一種換気」であれば、高性能なフィルターが搭載されているため、花粉やPM2.5といったアレルゲン物質をしっかりと除去してくれます。熱交換システムが搭載されており、外気による室内温度の変化を防ぐことも可能です。常にキレイな空気を家の中に供給することで、家族とアレルゲン物質との接触を減らしてくれます。


◆『ダブル通気工法』は東宝ホームだけ!◆


高気密・高断熱の家を建てるからこそ、気になるのが壁の中の通気。特に高温多湿な気候の九州では、サッシだけでなく壁内にも結露が起こり、木材のカビや腐れにつながってしまいます。そこに着目したのが、壁内の空気を常に動かす『ダブル通気工法』です。『ダブル通気工法』は、壁外通気と壁内通気に分かれており、壁内通気に関しては「第一種換気システム」を使った24時間換気と連動し、家中を空気が回る環境をつくっています。壁内の湿気から、住宅の老朽にもつながるカビは、ダニを育てます。その結果、ダニの糞や死骸がハウスダストとなって、アレルギーや喘息の原因になるといわれているため、見過ごすわけにはいかないのです。




◆室内干しも快適に!◆


花粉やPM2.5が多い日は、洗濯物を外に干すことで、そのアレルゲンが衣類に付着してしまいます。東宝ホーム住宅では、『ダブル通気工法』によって、家じゅうがサラサラなので、どこに室内干ししても大丈夫。また、24時間キレイな空気が家の中を循環しているため、部屋干しでもニオイがつきにくこともメリットです。


◆自由設計で暮らしに合った間取りをご提案◆


「花粉が付着しているアウターは室内に持ち込まない」「ウイルス対策で家に帰ったらまずは手を洗う」など、家族の健康を守るために取り組んでいらっしゃることがあるでしょう。自由設計であれば、玄関にアウターを収納できるクロークをつくったり、玄関入ってすぐの場所に洗面室や手洗いスペースを設けたりと、それぞれの暮らしに合ったご提案が可能です。

東宝ホームの家づくりについてはHPでも詳しくご説明しています。
<東宝ホームの家づくり>
https://tohohome.jp/technology/


「性能についてまずは体感したい!」という方は、ぜひ宿泊体験をご利用ください!

2021.02.25 | 固定リンク | 家づくり
宿泊体験で「本当に寒くないの?」を実感! ~スタッフ回顧録Part—⑭~
先月のスタッフ紹介に引き続き、営業スタッフの刀根がお客様ストーリーを振り返ります。
ご紹介するのは、現在入社2年目の刀根が初めて担当させていただいたM様邸です。東宝ホームに依頼してくださった決め手やプランニングについて、ぜひご一読ください♪





◆豊富な自社保有地のご紹介をきっかけに◆




Q:M様とはどんな出会いだったのですか?

A:地場で名前が知れているメーカーの展示場をまわってみようと、RKB住宅展小倉北の展示場にお越しになったのが最初の出会いです。職場から車で15分圏内で土地を探しておられたので、該当する分譲宅地をその日のうちにご案内しました。

M様ご夫婦が家づくりをスタートされたのは、奥様が気に入っている「リクシル」のキッチンでお料理をしたいという夢を実現するためでもありました。実は、RKB住宅展小倉北・展示場にお越しになった際、すでに他社と契約前だったんです。しかしながら、ご紹介した分譲宅地がより条件が整った土地であったこと、東宝ホームの性能に興味を持ってくださり、同時進行で検討してくださることになりました。




◆エアコンを消して寝ても暖かい!◆



Q:その後、正式にご依頼いただく決め手になったのは?

A:まだまだ寒さが残っている3月のこと。性能を肌で実感していただくために、城野宿泊体験展示場に宿泊していただきました。まだまだ寒い時期だったんですが、「暖房を消して寝ても朝まで暖かさが残っていました!」「寝るときにエアコンを付けなくていいので喉を痛めなくていいですね!」と大変喜ばれて。それでいて光熱費を抑えられることも高く評価していただき、正式なご依頼となりました。




◆男の隠れ家・ロフトを実現!◆



Q:プランニングでは、宿泊体験展示場の間取りを参考にされたそうですね!

A:そうです!ご主人様は城野宿泊展示場のロフトを大変気に入られて。主寝室だけでなく、ご自身の趣味部屋が欲しいとのことで「ロフトだけは譲れない!」とおっしゃっていたんです。東宝ホームのロフトは、屋根までしっかり断熱しているので、暑さ・寒さの影響を受けにくく、フレキシブルに使える“+αのスペース”として活用できます。ご主人様は釣りが趣味なので、釣り道具やルアーを並べたりと、“男の隠れ家”にワクワクしておられるようでした!

一方で、和室をつくるかどうかは最後まで悩まれていましたね。最終的には、ゲストルームやお子さんが生まれたときのお昼寝スペースとして3帖ほどの和室をつくることに。扉がしっかりとあるので、小スペースでもしっかりと活用できることが特徴です。

Q:営業として初めてお客様と担当した感想は?

A:私自身、お客様に頼まれたことはスピーディーに対応していったので、年齢に関係なく信頼していただけたのではと思っています。M様とは施工中も何度も一緒に現場に出向き、「めちゃくちゃいいですね!!」と喜んでいただき、こちらまで嬉しい気持ちになりました。ご主人様と同じく、私も釣りが趣味なので、いつか一緒に釣りに行けたら嬉しいです!これからもM様ファミリーの幸せを願っています!