TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
花粉やPM2.5の悪影響から家族を守る!キレイな空気を維持できる家づくり
春が近づくにつれ「花粉のことを考えると憂鬱…」「外ではマスクをしてるけど、家の中で鼻がムズムズする!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、家づくりで実現できる“花粉対策”についてご紹介していきます。



◆『24時間換気システム』は「第一種換気」がおすすめ◆



一般的に“換気”というと、窓を開けて外の空気を取り入れることをイメージされるかもしれません。ですが、それではきれいな空気を入れているつもりでも、花粉やPM2.5などアレルゲン物質まで家の中に入ってきてしまいます。

全ての住宅に導入が義務化されている『24時間換気システム』。第一種から第三種まであるなかで、最もキレイな空気を供給してくれるのが「第一種換気」です。東宝ホームも標準採用する「第一種換気」であれば、高性能なフィルターが搭載されているため、花粉やPM2.5といったアレルゲン物質をしっかりと除去してくれます。熱交換システムが搭載されており、外気による室内温度の変化を防ぐことも可能です。常にキレイな空気を家の中に供給することで、家族とアレルゲン物質との接触を減らしてくれます。


◆『ダブル通気工法』は東宝ホームだけ!◆


高気密・高断熱の家を建てるからこそ、気になるのが壁の中の通気。特に高温多湿な気候の九州では、サッシだけでなく壁内にも結露が起こり、木材のカビや腐れにつながってしまいます。そこに着目したのが、壁内の空気を常に動かす『ダブル通気工法』です。『ダブル通気工法』は、壁外通気と壁内通気に分かれており、壁内通気に関しては「第一種換気システム」を使った24時間換気と連動し、家中を空気が回る環境をつくっています。壁内の湿気から、住宅の老朽にもつながるカビは、ダニを育てます。その結果、ダニの糞や死骸がハウスダストとなって、アレルギーや喘息の原因になるといわれているため、見過ごすわけにはいかないのです。




◆室内干しも快適に!◆


花粉やPM2.5が多い日は、洗濯物を外に干すことで、そのアレルゲンが衣類に付着してしまいます。東宝ホーム住宅では、『ダブル通気工法』によって、家じゅうがサラサラなので、どこに室内干ししても大丈夫。また、24時間キレイな空気が家の中を循環しているため、部屋干しでもニオイがつきにくこともメリットです。


◆自由設計で暮らしに合った間取りをご提案◆


「花粉が付着しているアウターは室内に持ち込まない」「ウイルス対策で家に帰ったらまずは手を洗う」など、家族の健康を守るために取り組んでいらっしゃることがあるでしょう。自由設計であれば、玄関にアウターを収納できるクロークをつくったり、玄関入ってすぐの場所に洗面室や手洗いスペースを設けたりと、それぞれの暮らしに合ったご提案が可能です。

東宝ホームの家づくりについてはHPでも詳しくご説明しています。
<東宝ホームの家づくり>
https://tohohome.jp/technology/


「性能についてまずは体感したい!」という方は、ぜひ宿泊体験をご利用ください!

2021.02.25 | 固定リンク