TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
トイレのインテリア実例 & 快適性に欠かせない性能
家の中で一番小さな間取りであるトイレ。清潔感を大切にするだけでなく、ゆったりと落ち着ける空間にしたいものです。狭小だからこそ、機能性を重視したり、インテリアで遊んだりと、さまざまな要素をギュッと凝縮した空間づくりが必要になります。東宝ホームが手がける注文住宅や分譲住宅には、個性豊かなトイレがたくさん。ぜひ、家づくりの参考にしてみてください!

◆タンクありorタンクレスの違い





写真で見てもわかるようにタンクレストイレの最大のメリットは、空間を広く使えることです。タンク周りのデコボコや隙間がないぶん、掃除がしやすいという利点もあります。ただし、タンクレストイレの場合、別で手洗い器を設置する必要があったり、水を流すのに電気を使うため、万が一の停電時に不便を感じたりという側面も。そのため、デザイン性だけでなく、予算や手洗い器の有無と併せて検討することが大切です。



◆手洗い器があれば、動線がスムーズ&来客時に便利!





トイレタンクに簡易手洗いが付属している場合は、別途で手洗い場を設ける必要はありませんが、タンクレストイレの場合は、独立型の手洗い場を設置するのがおすすめです。トイレ内に手洗い場があれば、衛生的であることはもちろん、小さなお子さんの習慣づけにも役立ちます。また、来客時に洗面室や浴室などのプライベート空間を見られずに済むというメリットもあります。

◆アクセントクロスでインテリアを楽しむ



LDKはシンプルがいいけれど、家のどこかに変化をつけたい…。そんなとき、トイレにアクセントクロスを取り入れる方も多くいらっしゃいます。コンパクトかつプライベートな空間だからこそ、大胆なデザインの壁紙で遊んでみるのも素敵です。専属のインテリアコーディネーターと一緒に壁紙コーディネートを楽しんでください。

◆夏場のトイレは暑い!? 大切な断熱性のこと



暑い夏、部屋の中はエアコンが効いていて涼しくても、空気がこもりやすいトイレだけは、どうしても蒸し暑く、過酷な空間になってしまっていませんか? 東宝ホームの『外断熱+ダブル通気工法』なら、居室だけでなく、廊下や洗面室、玄関、もちろんトイレまで暑さをシャットアウト。夏場のトイレで汗だくになるようなことはありません。




◆宿泊体験で快適性を体感してみませんか?



まだまだ残暑厳しいこの季節は、『外断熱+ダブル通気工法』の快適性を実感する絶好のチャンス! トイレはもちろん、家中のどこにいても、夏はサラサラ、冬はポカポカの室内環境をつくる快適性能をぜひご自身の肌で確かめてみてください。



◆Instagramにで家づくりに役立つコンテンツを発信中♪



Instagramの公式アカウント(tohohome_kitakyushu)にて、間取りやインテリアのアイディア、分譲住宅やイベントの情報を発信中です。ぜひフォローをお願いいたします!
2021.08.31 | 固定リンク