TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】入社2年目、≪RKB住宅展小倉北≫の刀根慎太郎です!
今回は、RKB住宅展小倉北に常駐する営業スタッフの刀根をご紹介します。
大学時代のアルバイト経験から、自転車に関する知識はプロ級!
ほかにも、釣りやゴルフ、野球と沢山の趣味を持つ、エネルギッシュな刀根ですが、東宝ホームに入社した理由は、スポーツ店でのアルバイト経験から得た、ある気づきにありました。




◆人と接する楽しさを知ったアルバイト経験◆



Q:大学時代のアルバイトについて教えてください。

A:大学時代にスポーツ店で、自転車売り場に配属されていました。数十万円もするような本格的なバイクを取り扱っていたため、アルバイトとはいえ、自転車の知識をしっかりと学ばせてもらい、販売員として仕事を任せていただいていたんです。そのときに、純粋に「人と接するのって楽しい」「お客様の役に立てることが嬉しい」と実感していたので、将来は営業の仕事をしよう!と決めていました。





◆売った後のお付き合いが醍醐味!◆



Q:そこから東宝ホームに入社したい!と思った理由は?

A:そのお店では、自転車を販売した後、1週間後や1ヵ月後にアフターフォローとしてお客様とお会いする機会がありました。そのときに「めちゃくちゃ乗り心地良いよ!」「刀根さんに勧めてもらったバイクにして良かった!」と言っていただけると、自転車が売れたときよりもめちゃくちゃ嬉しかったんです。それから、営業の仕事をするなら長くお客様とお付き合いしたいと考えるようになって。東宝ホームは「出迎え三歩、見送り七歩」という理念があり、家を販売した後のお付き合いを大切にしている会社です。そのために転勤がないこと、資産価値として末永く残せる家づくりをしていることを知り、この会社で働きたい!と入社を志望しました。



◆表だけじゃなく、根底から支える強さ◆



Q:今年もソフトバンクホークスが日本一に輝きましたね!そこで、野球が好きな刀根さんに質問です。東宝ホームをホークスの選手に例えるとどなたが浮かびますか?

A:今シーズンでいくと、栗原陵矢選手でしょうか。栗原選手は、ここぞという場面で間違いのない仕事をしてくれる選手です。グイグイ前に出てくるタイプではないし、派手さはないんですが、みんなが求めている仕事を成し遂げてくれるというか。東宝ホームは目に見えない部分(構造や性能)にこだわっているメーカーです。目立たないところにもしっかりと力を注いで、住む人のため、野球でいえばチームのために、バリバリと頑張っているところが似ているなと思いますね!




いかがでしたか?
次回は、今回ご紹介した営業スタッフ・刀根のお客様ストーリーをお届けします!
そちらもぜひご覧ください!
【スタッフ紹介】新卒から活躍を続けられる理由。 ~「宗像店」店長・河野~ 
新卒で入社し、今年で15年目。
営業スタッフとして、数多くのお客様の家づくりを伴走してきた、
宗像店・店長の河野をご紹介します。


河野が入社した約15年前。東宝ホームは、会社としてまだ発展途上にあり、現社長の渡部が就任して1年、新たなスタート地点に立ったばかりでした。あれから十数年、家づくりを通じて、沢山のご家族の笑顔と出会い、会社としても急成長してきた東宝ホーム。新卒から第一線で活躍を続けている河野は、そんな歴史を見てきた稀有なメンバーでもあります。





■直感を信じて入社して15年



Q:入社当時のエピソードを教えてください。




A:小さい頃、宗像市に住んでいたんです。父親が建築中の家を見に行くのが好きで、よく一緒に車で住宅地を見て回ったりしていたので、自然と家づくりに関心を持っていました。

それから大学を卒業して、初めての就職面接でお会いしたのが渡部社長でした。当時は私自身、「このままじゃいけないな…」とどこか自分に自信が持てないでいました。その隠している部分を面接の時、社長に見抜かれてしまって…。そのうえで、「社会人になったらこんな風に成長できるよ」と指南してくださったんです。その懐の深さ、力強さに直感で「この人についていきたい!」と感じて入社を決意。絶対にこの会社に入ろうと決めて、それ以降は一切の就職活動を辞めていたので、今思えば、無事に入社できて本当に良かったです(笑)。





※約10年前の初々しい河野です!





Q:面接では社長だと知らされていなかったそうですね!




A:はい(笑)。面接では「社長です」という紹介がありませんでした。当時から、組織自体もアットホームな会社でしたから。その後、会社は急成長していきましたが、社内のアットホームな雰囲気は、変わらずに残っていますね。




■営業としての自分を支える“軸”



Q:新卒から15年、営業として第一線で活躍できている理由は?

A:率直に言うと、ピュアな気持ちを持ち続けられるから、でしょうか。どんなに会社が大きくなっても「お客様第一」であること、そして「選んでよかった」と言っていただける家づくりを提案したいという“軸”は、ずっと変わっていません。社長をはじめ、会社としてその“軸”が変わらないから、私自身もブレることなく、ピュアな気持ちで家づくりに向き合えるのだと思います。

Q:オン・オフの切り替えはどうしていますか?

A:私自身、仕事とプライベートをきっちり分けていないんです。さっきお話した、“軸”を大切にしていたら、オン・オフを分けないほうが、自分らしくいられるというか。それでなくても、お客様にとって、家づくりは人生の一大イベントです。そこに誠実な気持ちで向き合っていたら、休日や時間外であっても、お客様から求められれば対応する、ということが自然になっていったのかもしれません。




■社長との想い出の一枚





A:これは、以前、社員旅行でUSJに行ったときの写真です。私は、子どもが4人いるんですが、下の子ども2人を連れて行ったので、1人で面倒を見れるか正直不安だったんです。でも、USJでは私以上に社長がしっかりと子守をしてくださって(笑)!子どもたち2人も、社長にすっかり懐いていました!




いかがでしたか?
仕事熱心な河野ですが、現在絶賛子育て中!
最近は、4人のお子さんたちと「鬼滅の刃ごっこ」にハマっているそうです。
【宗像店ホームギャラリー】に常駐していますので、ぜひ、お気軽にお声掛けください!
ご来場をお待ちしています♪
\宗像エリアに待望の展示場【宗像店ホームギャラリー】がオープン♪/
宗像市の複合ショッピングセンター「くりえいと宗像」内に
新たに展示場&レストランがオープンします!
旧国道3号線沿いでアクセスはバツグン♪
「くりえいと宗像」は、3000台の無料駐車場を完備。
お買い物やドライブの際に、お気軽にお立ち寄りください!






■1階はレストラン「えすと」の2号店がOPEN!


1階のレストラン「えすと宗像店」は、間もなくグランドオープン。
姉妹店である小倉北区にあるレストラン「えすと城野店」は、
一流ホテルの料理長が考案したメニューが好評です。
宗像店でも同じく、石鍋でグツグツ&熱々をご提供する野菜たっぷりの「スープカレー」、鉄板で熱々を味わえる「ステーキ」「ハンバーグ」をメインに、お手頃なキッズセットなどをご用意しています。
ご家族や友人と、洗練された居心地の良い店内で、寛ぎのひとときをお過ごしください。









■2階は展示場&ギャラリールームで夢をカタチに!


2階は、LDKのショールーム、お打合せのブースを設けています。お客様の理想をカタチにしていく、大切なプランニングのお時間を快適な空間で過ごしていただけるよう、個室ブースを複数ご用意しました。
ギャラリースペースには、フローリングや建具、構造材、断熱材、外壁材といった住宅関連の素材を直にご覧いただけます。プランニングの途中でお気持ちが変わっても、カタログや実物をすぐにお見せできるので、スムーズにプランを描くことができます。


<宗像ホームギャラリー&えすと宗像店>
住所/宗像市くりえいと1丁目3-12
憧れの吹き抜けとロフトを実現!建売分譲住宅『サニーガーデン中井3号地』
高台に建つ、高級感溢れる分譲地をイメージしたサニーガーデン中井。
近隣にはスーパーなど生活に欠かせない施設が充実。通勤の利便性や、
小倉北区で人気の学区・中井小学校まで徒歩7分など恵まれた環境から、
人気の分譲地としてご好評をいただいています。


今回ご紹介したいのは、3号地。
玄関まで25段ほどの階段アプローチがあることが特徴です。
「結構上らないといけないんですね…」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、
この道路との高低差が良い役割をしてくれるんです!





◆メリットが多い階段アプローチ◆

夏場は、玄関を開けて風通しを良くすると心地いい時間帯があると思います。そんなとき、玄関をオープンにしたいけれど、どうしても気になるのが周囲の視線ではないでしょうか。3号地のように道路と高低差があれば、周囲と視線を合わないため、プライベートを守ることができます。玄関に目隠しを設ける必要もありません。また、防犯を考えたとき、わざわざ階段を上り下りして、侵入しようとするケースは少ないもの。ほか、洗濯物が外部の人の目に触れにくいなど、さまざまな利点があります。




◆温めた空気が冷えにくく、逃げにくい◆

LDKは、キッチンから和室を含めたフロア全体を見渡せる、子育て世代にとって安心の間取りになっています。ダイニング上部は、LDKに明るさと開放感をもたらしてくれる吹き抜けを採用。東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』は、暖まった空気を維持する能力が高く、最低限のエアコンで家全体を一定の温度に保ちます。吹き抜けがあることで、2階まで暖かい空気を行き渡らせてくれるんです。
そのため、吹き抜けがあることがデメリットになりません。夜に暖房を消して寝ても朝まで暖かさが残っているため、乾燥で喉を痛めることもなく、快適な睡眠をとることができますよ。






◎ぜひ、各地にある『宿泊体験展示場』に1泊して実際にご体感ください!


詳しくはこちらから↓↓↓







◆マルチに使える2階の部屋干しスペース◆


吹き抜けでつながる2階ホールには、室内干しスペースがあります。こちらは、洗濯物を干すだけでなく、インテリアスペースとしてグリーンを飾ったり、アイロン掛けをしたり、PCを置いてリモートワークしたり。カウンターとコンセントを設けているため、マルチスペースとして活用できます。※もちろん、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』のおかげで寒くありません♪






◆暮らしに楽しみをプラスできる♪ロフト空間◆
吹き抜けと同様に注文住宅で人気が高い間取り、ロフトを採用。屋根断熱によって、外気の暑さ・寒さをシャットアウトしているため、単なる収納スペースではなく、お子さんの秘密基地にしたり、ご主人様の趣味部屋にしたりと、暮らしに豊かさをプラスしてくれます。




いかがでしたか?
東宝ホームの建売住宅は、性能や構造、太陽光搭載など、注文住宅と同様の標準仕様で建てられています。同じようなデザインが並ぶのではなく、設計士とインテリアコーディネーターが一棟一棟にテーマを持って、持てる技術を注ぎ込んだ集大成作品です。
『サニーガーデン中井』は、今回ご紹介した3号地と、4号地の最終2棟となっております。
お早めのお問い合わせをお待ちしております!


<サニーガーデン中井 建売分譲住宅の見学予約はこちらから>
【3号地】https://kitaq-toho.com/house/?dno=1&area=2&detail=on


※上記リンクより3号地建売分譲住宅の詳細をチェックできます。
※ご見学は、「RKB住宅展示場小倉北」(093-562-6638)へお電話でのご予約も可能です。
withコロナ時代の失敗しない戸建て選び
リモートワークの普及やおうち時間が増えたことによって、「マイホームを購入するなら、マンションより戸建てがいい!」という人が増えてきています。その理由は、「マンションは騒音が気になる」「リモートワークコーナーをつくりたい」「注文住宅で全ての要望を実現したい」などさまざま。それらの要望を実現するには「戸建てだったら何でもいい!」という訳ではありません。そこで今回は、戸建てを選びに失敗しないポイントをご紹介します!






◆家庭内の騒音に悩まされる⁉◆




騒音への気遣いやクレームにうんざりして、マンションから戸建てに引っ越す方もいらっしゃいますよね。ですが、例えば2階建てを建てた場合、階上からの振動を制御していない構造だと、子どもの足音など2階の音が1階にかなり響いてしまう場合があります。2階にいる家族の足音がうるさくて、お互いに仕事や勉強に集中できなかったり…。戸建てであっても構造次第では、マンションで悩んでいた騒音問題がそっくり家庭内で起きてしまうこともあるのです。




◆住んでみないとわからないこと◆




家庭内の騒音はもちろん、戸建てを建ててから「こんなはずじゃなかった!」と後悔するわけにはいきません。そのため、東宝ホームでは、実際の住み心地を体感していただくために、1泊2日の宿泊体験をご用意しています。宿泊体験中はご家族だけで過ごすことができるため、1階と2階でどれだけ音が響くのか、キッチン設備の使い心地はどうか、家事動線はスムーズか、などを気兼ねなくチェックしていただけます。構造は災害などの安全面だけでなく、住み心地につながることを実感していただけると嬉しいです。







◆光熱費を抑えられて、健康的に住める家◆



「戸建てに住みたいけど、マンションより光熱費が高くなりそう…」と考える人もいらっしゃるかもしれません。「光熱費を抑えたい」という視点で戸建てを選ぶなら、やはり断熱材にこだわっている(※どの住まいも断熱材は入っていますが、種類が異なります!)ハウスメーカーを選ぶべきです。東宝ホームは、『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』の独自工法によって、最小限のエアコンの稼働で家じゅうが夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
また一方で、断熱対策を重視しない構造では、部屋間に温度差があると、家の中でヒートテックを引き起こしてしまう原因にも。優れた性能は、快適なだけではなく、命さえも守ってくれる場合があるのです。




◆変化に対応できる戸建てとは?◆



コロナによってリモートワークが普及したように、今後も社会情勢が変わるかもしれませんし、ご家族の暮らし方にも変化があるかもしれません。そんなときに、可変性を持っている戸建てであれば心強いですよね。東宝ホームが採用している【木造軸組み工法】は、間取りの変更などフレキシブルなリフォームが可能です。

マイホームに向けて動き出したとき、最初は金額やオシャレなデザインなどに惹かれがちですが、本来、家は長く住み続けるもの。そんな長期的視野に立って考えてみることも、家づくりに大切な要素だと思います。

<私たちの家づくりについて>
https://tohohome.jp/policy/


「それでもやっぱり、マンションに住みたい!」という方は、ぜひ東宝ホームの分譲マンションもご検討ください。戸建て同様に住み心地を考え抜いた住まいです。
詳細・来場予約はこちら
<戸建てに負けない高級感と住み心地を提案する東宝ホームプロデュースの分譲マンション『シティーガーデンBONJONOテラス』>
https://toho-bonjono.jp/
2020.11.26 | 固定リンク | 家づくり