建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリーお客様センター

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム北九州スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

「長期優良住宅」って何?|住宅の価値を下げないための基準

2018/11/15

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

■“長期優良住宅”をご存知ですか?
従来の「つくっては壊す」=スクラップ&ビルドを続けてきたフロー型社会に決別し、「いいものをつくって、メンテナンスしながら永く大切に使う」というストック活用型の社会への転換を目的として、国が定めた基準を満たした住宅を“長期優良住宅”といいます。

所管行政庁に申請することで、基準に適合する場合には認定を受けることができます。

■住宅の価値は持続できる!
長期優良住宅を選ぶのか?選ばないのか?

お客様にとって選択肢があることは親切なようですが、永く住み続けられる保証のない住宅をお勧めすることは、私たちの本望ではありません。
だからこそ、“頑丈で長持ち”を家づくりの哲学とする東宝ホームは、全戸が長期優良住宅仕様のみ。

当社は、長期優良住宅を標準としているからこそ、構造体の20年保証(一般的には10年保証が多い)など、充分なメンテナンスやアフターサービスを提供できています。
お客様の将来を見据えて、“住宅の価値が下がらない仕組み”を徹底することもハウスメーカーの大事な役割だと考えているのです。

■住み続けるコストも要チェック!
特殊工法で施工された住宅だと、建築した会社でないとリフォームができないケースも…。
その点、東宝ホームは間取りの自由度が高い在来工法である木造軸組工法のため、ライフスタイルの変化に応じて、フレキシブルなリフォームが可能です。

これらも永く住み続けられる所以や、住宅の価値が下がらない仕組みに繋がっています。

東宝ホームの家づくり「ホントの安心」
http://tohohome.jp/policy/relief/

家には通気が大事って知っていますか?|日本の湿気に耐えうる家づくり

2018/11/13

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

日本の気候をみたときに、住宅を建てるうえで一番重要になってくるのが“湿気問題”。
人にとってもベタベタして心地悪いですが、それは家にとっても同じことなのです。

壁内で結露が起こると木材は腐朽してしまいますし、壁内のカビ・ダニ発生の原因にもなり、
家はもちろん、住む人の健康にも悪影響を及ぼします。
とにかく、壁内に結露(湿気)が溜まらないようにするために、“通気”を確保していかなければいけません。

■“通気”には外部通気と内部通気があるのです!|東宝ホームの独自工法『内部通気』とは?

一般的に通気というと、外部通気のことを耳にしたことがあると思います。
外部通気は、住宅外壁の中にこもる湿気を逃がすことで、建物の耐久性を保つ工法です。
しかしながら、高温多湿な日本の夏の湿気を逃がすためには、外部通気だけでは力不足だと考えます。

外壁・内壁の中のスペース、柱と柱の間に空気層をつくる“内部通気”を取っていかないと、木材が乾燥した状態を保つことはできません。

通常、柱と柱の間には、断熱のために綿状の断熱材が施されますが、そうすると内部通気が取れなくなってしまいます。

“頑丈で長持ち”を家づくり哲学とし、研究を続けている当社。

「だったら、外壁に断熱材を施すしかない!」と、標準で“外張り断熱”を採用、
腐らない家をつくっています。
壁の内と外に通気の層が2層あるのが東宝ホームオリジナルの『エア・コントロール住宅』です。
冬は地熱の利用で壁の中を暖かい空気で包み込み、家全体が“ぽかぽか”に、夏はスイッチ1つで夏場の淀んだ床下空気を排気させ、全熱交換機で湿気を減らした新鮮な空気を壁内に通気させるから、夏は“さらさら”な家に。これがハイブリット・エア・コントロール住宅です。

スイッチひとつで家も衣替え。

日本の中でも、より高温多湿な西日本エリアにマッチした構造の住宅を研究している私たち。
外断熱工法とハイブリッド・エア・コントロールの最強タッグで長持ちする家、住む人も快適に。
東宝ホームはこれからも、頑丈な家づくりを広めていきたいと考えています。
そこで次回は、頑丈な住宅の証でもある“長期優良住宅”に関してお届けします!

東宝ホームの家づくり「ホントの頑丈」
http://tohohome.jp/policy/

「出迎え三歩、見送り七歩」お客様と紡いだ15年

2018/11/08

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

「出迎え三歩、見送り七歩」お客様と紡いだ15年

言葉は、当社の社長が掲げる経営理念。

家を造って販売するだけではなく、末永くお客様の生活のお役に立ちたいという想いから、建てた後のお付き合いも大切にしたいというのが私たちの『見送り七歩』です。

当社が創業したばかりでヨチヨチ歩きの頃に、アフターサービス部は発足されました。
委託や兼任ではなく、アフターサービスの専任スタッフを設置する事は容易なことではありませんでした…。
それでもなお、専任のアフターサービス部門を発足したのはなぜか?

それは、、、
「家もお付き合いも長持ちする事こそがお互いの幸せに繋がる」
という想いが根本にあり、強く信じていたから。

ちなみに、当社のアフターサービスは男性スタッフだけでなく、女性スタッフでも対応しています。

実は、業界でも女性がアフターサービス(点検訪問)に伺うことは珍しく、ワーカー(作業人)だけで伺うのが主流なのです。
しかしながら、精神的なメンテナンスには女性の存在が必要不可欠。

お客様の暮らしや気持ちに深く寄り添いたいと考えたとき、女性の豊かな受容力や感受性が活かされるのです。
そうやって女性社員を起用し、その資質を活用することで、沢山の“見送り七歩”を実現してきました。

私たちが“建てた後のお付き合い”を大切にできるのは、裏を返せば、間違いない家づくりに自信があるから。

社員全員が誇りを持って“見送り七歩”を実行して15年。

一歩一歩の積み重ねは、この北九州の地で「東宝ホームなら安心だね」という揺るぎない信頼を繋ぎ続けてくれています。

東宝ホーム北九州の公式ブログ・SNSのご紹介♪

2018/11/06

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

こんにちは!東宝ホーム株式会社・北九州支店です。
「ホントのホーム、トーホーホーム♪」のフレーズでお馴染みの当社。
この度、ブログはオフィシャルとして一新し、SNSをスタートすることとなりました!
 
オフィシャルブログ:(http://kitaq-toho.com/blog/
フェイスブックページ:(https://www.facebook.com/tohohome.kitakyushu/
インスタグラム:(https://www.instagram.com/tohohome_kitakyushu/
 
北九州にて地域密着型の住宅メーカーとして、住み心地のいい家と頑丈な家づくり、充実のアフターサービス、街づくりに取り組み続けている私たち。
おかげさまで、地域のお客様から、嬉しい感想や高い評価が寄せられることも多く、
安定した信頼を得られていることを実感しています。
だからこそ、もっと多くの方に、当社の家づくりのことを知っていただきたいと思うのです♪
これから、この新たな出逢いの場を通じて、皆さまと繋がっていけたら嬉しいです!

東宝ホームの家づくりは、
・ホントの快適
・ホントの頑丈
・ホントの安心
を実現することにあります。
「“ホントの”ってどういうこと?」
と思われたかもしれませんね。
住宅にとっての快適・頑丈・安心。
この三本柱は、人にとっての心地好さ・健康・安全にも繋がっているのです…。
もっともっとお話したいのですが、この続きは次回からじっくりと連載でお届けします♪

これからオフィシャルブログ・SNSを通じて、これら3つの“ホント”の詳細はもちろん、
住宅づくりに関するコンテンツを幅広く発信していきます!
これから家を建てたい方、家づくりに興味がある方、ぜひお付き合いください。
よろしくお願いいたします!

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ