建売住宅宅地・分譲地支店・住宅展示場宿泊体験展示場施工ギャラリーお客様センター

スタッフBlog

トップページ>スタッフBlog|建築日誌から
建築日誌から
東宝ホーム北九州スタッフのブログです!
一軒のお家が出来上がるまでをご紹介する「建築日誌」。営業スタッフが日々の話題をご紹介する「営業日誌」。
時々脱線もしますので、お気軽にお付き合いください!

<冬版>北九州市若松区の宿泊体験モデルハウス「ひびきの宿泊体験展示場」の感想をご紹介

2019/03/26

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

この冬も沢山のお客様が宿泊展示場に無料で泊まれる“試住サービス”を体験してくださっています。今回は、若松区にある『ひびきの宿泊体験展示場』に宿泊された方の感想をご紹介します。

◎部屋の暖かさが印象に残った。すごく楽しくてあっという間でした。
◎キッチンの回遊動線がとても動きやすくて、出入りがラクラクだった。作業台も広々としていて使いやすかった。
◎お風呂の床が滑りにくくて、冷たくないので、ゆっくりと過ごせた。
◎「暖かい家」と謳っているCMの意味を実感するほど、暖かかった。
◎自動の雨戸はぜひ自分が家を建てるときには採用したい。
◎子どもがどこにいても目線が届く間取りが良かった。
◎吹き抜けがあるので、良い意味でも悪い意味でもテレビの音や話し声が2階までよく聞こえた。
◎アイランドキッチンで左右どちらからでも行けるのが良かった。
◎2回目の宿泊体験。前回きちんと見ることができなかった壁紙やカーテンなども確認できた。前回同様、お風呂場の暖かさが印象的でした。
◎エアコン一台ですごく暖かい。
◎光熱費が確認できるお風呂の設備が良い。
◎外気が3℃の朝起きたとき、エアコンを切って寝たのに室内温度が22℃もあって全然寒くなかった。断熱性に優れていることを実感できた。
◎リビングが少し狭く感じた。お客さんを呼んでパーティーすると、リビングとキッチンで会話しにくいかなと思う。
◎寝ているときに子どもが布団から出てしまっても、朝までずっと部屋が暖かいので風邪をひきにくそう。吹き抜けのある間取りは部屋が暖まりにくいと思っていたので意外でした。
◎脱衣所が広くて物干しスペースまであるのが良かった。キッチンからスキップフロアで子どもが遊んでいるところを見れるので安心できる。

モデルハウス見学では体験できない、感覚的な部分や情報を得られるのが無料宿泊体験。ご興味のある方は、ぜひお気軽に“試住体験”をご利用ください。

身支度が一部屋で完結!ウォークインクローゼットのある寝室|ひびきの宿泊体験展示場のご紹介

2019/03/22

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

洋服を選んで、お化粧して。毎朝の身支度はバタバタしますよね?2階建てのお家だと行ったり来たりとそれだけで、貴重な朝の時間をロスしてしまいそうです。そこで今回は、朝の身支度が完結できるウォークインクローゼットのある寝室の事例をご紹介します。

◆広々ウォークインクローゼットでゆとりの“朝時間”
女性にとって朝の身支度は1日のモチベーションを左右する大切なひととき。
ゆっくり洋服を選んで、お化粧して…とできれば良いのですが、出勤前や子どもの見送りなど、そうも言っていられないのが現実です。
ひびきの宿泊体験展示場の寝室は、広々としたウォークインクローゼット内にドレッサーを設置。お化粧をしながらその日の洋服を選べるので、家の中をバタバタと移動しなくても、その場で朝の身支度を終えられます!

◆扉がないタイプのクローゼットも人気!
ウォークインクローゼットに扉がないだけで、ワンアクション減らすことができるため、
ドアがないタイプも人気を集めています。ひびきの宿泊体験展示場では、家のインテリアに合わせたアーチ型の入口がオシャレ。生活感が出そうな箇所にはデザイン的要素をプラスすると、インテリアの印象を保つことができますよ。

いかがでしたか?今月は連載でひびきの宿泊体験展示場の事例をご紹介しました。
無料宿泊体験は随時受け付け中です。新しい暮らしのシミュレーションを楽しんでみませんか?ご予約お待ちしております!

2階の子ども部屋と小窓で繋がる吹き抜けリビング|ひびきの宿泊体験展示場のご紹介

2019/03/19

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

吹き抜けの魅力といえば、空間に広がることで開放感が生まれること。そして、2階とのコミュニケーションが円滑になるというメリットもあります。今回は、ひびきの宿泊展示場より、2階の子ども部屋と小窓でつながる吹き抜けリビングの間取り事例をご紹介します。

◆小窓を開けてリビングにいる家族とコミュニケーション
2階の子ども部屋にある両開きの小窓を開ければ、リビングの吹き抜けと繋がります。
わざわざ1階まで降りなくても、階下にいる家族と会話できるため、親子のコミュニケーションがより円滑に。
また、吹き抜けは2階の廊下とも通じています。常に家族の気配が感じられる間取りは、日々の暮らしに安心感をもたらしてくれますよ。

◆可愛らしいインテリアも要チェック♪
ひびきの宿泊展示場の子ども部屋は、鮮やかなピンクの壁紙など、女の子がときめくインテリアでコーディネートしています。実際に宿泊された方の中にも、「娘が“こんなお部屋が欲しい”と目を輝かせていました!」など、好評です。

いかがでしたか?今回は、開放感だけでなく、家族の繋がりも豊かにしてくれる吹き抜けのあるリビングを紹介しました。ぜひ、ご家族でひびきの宿泊展示場の無料宿泊体験をご利用ください♪

~スキップフロアの間取り事例~スタディルームがあるLDK|ひびきの宿泊体験展示場のご紹介

2019/03/14

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

ひびきの宿泊体験展示場では、昨今人気のスキップフロアをスタディルームとして利用した例をご覧いただけます。キッチンで忙しいママとお子さんのコミュニケーションが快適になる間取り事例をぜひ、参考にしてみてください♪

◆高さがあるからキッチンと目線が合う!
フロアから一段高い場所に設置されるスキップフロア。お子さんが勉強するスタディルームにすれば、キッチンで作業中のママと向き合う形で視線を合わせることができます。ひびきの宿泊体験展示場では、デスクと掘りごたつのように足を入れられる座席を設置。お子さんが宿題をするスペースとして、充分な機能を備えています。家事をする手を止めず、子どもを見守りながら「宿題終わった~?」と、気軽に声が掛けられるなど、ステキで人気の間取り事例です♪

◆実際に宿泊して体感してみませんか?
モデルルームならではの豪華な造りも参考になりますが、こちらのひびきの宿泊体験展示場は、敷地も間取りもより現実に即した家づくりをご覧いただけます。無料で宿泊できる展示場になりますので、家族の存在を感じるなど、様々なシーンの実生活に基づいたひとときを過ごすことが可能です。

今回ご紹介したスキップフロアを使用したスタディルーム。仕事や読書など、家族みんなにとってマルチに活用できるスペースです。無料宿泊体験は随時受け付け中!お気軽にお申込みくださいね。

家事ラクなキッチンの回遊動線|ひびきの宿泊体験展示場のご紹介

2019/03/12

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

キッチンの動線が“家事時間”の長さと快適さを決めるといっても過言ではありません。
そこで今回は、ひびきの宿泊展示場より、回遊性が高いキッチンの事例をご紹介します。

◆両周りの動線がポイント!
ひびきの宿泊展示場のキッチンは、対面型のオープンキッチン。両端に動線を確保しているので、ダイニングとの移動もスムーズです。キッチンで料理をしている人と、キッチンに出入りする人との動線が重なりにくいので、料理を運んだりする際の混雑を防ぐことができます。

◆キッチンの重要ポイント|冷蔵庫の配置
家族の中で、料理する人は大体決まっていても、家族みんなが利用するのが冷蔵庫。
だからこそ、冷蔵庫の配置は、キッチン回りの動線からみても大切な要素になります。
ひびきの宿泊展示場では、片端の動線を使ってリビングから冷蔵庫まで直行可能。
水場やコンロの後ろを取らなくても、冷蔵庫に物を取りに行けるため、小さなお子さんの事故も防げますし、料理している人の邪魔になりません。
また、冷蔵庫は生活感を感じさせる家電の1つ。キッチンの奥に冷蔵庫を配置することで、リビングからの視線を避けることができる点もポイントです。

ひびきの宿泊体験展示場は無料宿泊し、実際にキッチンでお料理していただけます。
ぜひ、あなたが1日この家の家主になって過ごせる“試住体験”をご利用ください。

部屋干しが快適!湿気がこもらないサニタリールーム|外断熱とハイブリッド・エア・コントロール

2019/03/07

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

共働きで忙しかったり、大気汚染が気になったり。洗濯物を外に干さない“部屋干し派”の方が増えてきています。そこでオススメしたいのが、物干し付きでスペースにもゆとりがあるサニタリールーム(洗面所)です。湿気と温度を快適にコントロールできる東宝ホーム住宅ならではの性能も併せてご紹介します。

◆サラサラ&ポカポカで部屋干しが快適!
家の中に外からの湿気を持ち込まない気密性の高い家、それが高断熱といわれるものです。
東宝ホーム住宅のハイブリッド・エア・コントロールは、外断熱に加えて、壁内の湿気も排出するので、屋内だけではなく、家の構造内部の湿気がこもらない仕組みを実現しています。そのため、通常湿気がこもりやすいサニタリールームも年間を通じてサラサラ。匂いや湿気の心配することなく、部屋干しすることができます。

◆部屋干しできるサニタリルームは忙しいママの強い味方!
浴室は標準仕様で換気乾燥暖房機つき。帰宅して洗濯した子どもの体操服やTシャツを、「洗うの忘れてた!」「すぐに乾かさなくちゃ!」なんて日でもスムーズに乾かすことができます。
また、外に干しにくい下着などは、サニタリールームに部屋干しするのがgood。洗面所のドアを閉めれば、洗濯物を隠せるので、来客時や生活感を出したくない場合にも大変便利です。
このように、隠すスペースと見せるスペースを上手に活用することも、ストレスを感じない快適な暮らしの大切な要素になります。

いかがでしたか?
「湿気がこもらない家かどうか?」それは、住む人に不快なだけでなく、部材の劣化など、“長持ちする丈夫な家”という要点でも知っておくべき重要なポイントです。
ぜひ、家づくりの大切な要素として、覚えておいてくださいね。

吹き抜けのあるリビング|朝日ハウジングプラザ学研都市ひびきの展示場のご紹介

2019/03/05

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

今回ご紹介するひびきの展示場では、ダイナミックな吹き抜けのあるリビング事例をご覧いただけます。せっかく家を建てるなら「リビングは開放的にしたい!」と考える方は多いもの。そこで、吹き抜けを採用する際のポイントや注意点などもお伝えしていきます。

◆吹き抜けに窓を採用する際のポイントは?
ひびきの展示場の広々とした吹き抜け。さらには、ダイナミックな大きさの窓が印象的です。太陽光を沢山取り込めて、かつ視線も抜けるので、明るい&開放的なリビングを実現できます。しかしながら窓の大きさは、見た目だけでは決められません。立地や方位を含めたロケーションあってのお話です。見える景色などを考慮したうえで、設計士と相談してみましょう。

◆吹き抜けが大きいと冷暖房が効かなくなる!? 
開放的なのは良いけれど、空間が広がることで、寒さや暑さが増してしまうのは考えものですよね。東宝ホームの独自工法、『外断熱&ハイブリッド・エア・コントロール』なら、床から屋根裏まで快適な空気を循環させるので、一般的な吹き抜けと比べても、寒さや暑さに悪影響を及ぼしません。
実際に、ひびきの展示場に来場されたお客様からは、「これだけ暖かいなら吹き抜けが大きくても大丈夫だね」「足元が寒くないから子どもが裸足でいられる」という感想をいただいております。

今回ご紹介した吹き抜けに関するポイント。実際にひびきの展示場をご覧になっていただくと、気になることやイメージが鮮明になりますよ♪ぜひ、お気軽に足をお運びください!

完全分離型の二世帯住宅モデルハウス

2019/02/28

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

2つの家族が同居する二世帯住宅だからこそ、家を建てる前にお互いの要望をしっかりと話し合う必要があります。あなたが思い描く“二世帯住宅の暮らし”とは、どのようなものでしょうか?
完全分離型の二世帯住宅モデルハウス『KBCハウジングプラザひびきの展示場』を参考に、「ここは世帯で分けたい」「ここは共有したい」など、家を建てる前に知るべきポイントをピックアップしてみませんか?

■程よいコミュニケーションを|2つの玄関
『KBCハウジングプラザひびきの展示場』は、1階を親世帯、2・3階を子世帯で分けています。完全分離型とはいっても、1階にある親世帯の玄関横に子世帯の玄関を設置。入ってすぐ共有のエントランスホールから子世帯へ上がれる階段があります。そのため、1階の親世帯が子世帯の家族の外出や帰宅の気配を感じることが可能。実際に顔を合わせなくても「ただいま~!」「おかえり~!」と声を掛け合えるので、程よいコミュニケーションを図れることがポイントです。

■玄関直結!親世帯の和室
大切なお客様をお招きすることも多い親世帯。玄関に直結した和室を設けることで、居住スペースを見せることなくご案内できます。格子戸を開けると、間接照明と和紙で仕上げた気品ある空間がお目見え。
先述したように、子世帯の玄関は別にあるので、来客時も気兼ねなく出入りができる点も嬉しいところです。

いかがでしたか?
共働きでの子育てや、家づくりの資金を圧縮できるなど、様々な理由から増えている二世帯住宅。
ご興味のある方はぜひ一度、『KBCハウジングプラザひびきの展示場』へお越しください。
ご自身の生活と照らし合わせて、“後悔しない二世帯住宅”の判断材料にしていただけると幸いです!

東宝ホーム住宅が屋根裏まで快適なワケ|標準仕様「屋根断熱」

2019/02/26

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

屋根裏(ロフト)というと、「夏は暑すぎて過ごせたもんじゃない…」というイメージをお持ちの方も多いハズ。東宝ホーム住宅のロフトは年間を通して快適に過ごせる理由とは?
前回に続き、『KBCハウジングプラザひびきの展示場』3階建てモデルハウスを参考にご紹介します。

■夏のロフトを快適にする|『屋根断熱+ハイブリッド・エア・コントロール』の独自工法
東宝ホーム住宅は天井ではなく、屋根に沿って断熱材を施しています。
よって、屋根直下であるロフトにもしっかりと断熱効果がもたらされるのです。
この『屋根断熱』に加え、スイッチ1つで内部通気を排出する『ハイブリッド・エア・コントロールシステム』により、ロフトを含む家中が冬はポカポカ、夏はサラサラの一定温度に保ちます。
「夏のロフトは灼熱!」なんて心配は無用です。

■ロフトで暮らしにゆとりと愉しみを
大人がちょうど立てるくらいの屋根裏部屋・ロフトは、秘密基地のようでワクワクするもの。
ホームシアターを設置したり、趣味の部屋として活用したり、その用途を考えるだけで
夢が広がりますね。お子さんだけでなく、家の中で時に独りになりたい男性にも人気のロフトスペース。

間取り事例としてぜひ、ひびきの展示場内当社モデルハウスでチェックしてみてください。

ママも安心、子どもが喜ぶスキップフロア|東宝ホームの間取り事例

2019/02/21

所属:北九州支店 営業企画室

氏名:猿渡 麻衣

バリアフリーに対する高まりが落ち着き始めた昨今、注目を集めている『スキップフロア』。
敢えてフロアに一段高い空間を設けることの魅力や、子育て世代に人気の理由についてご紹介します。

■ワンフロアに+αのステージを

ワンフロアに高さのある空間をプラスすることで、視覚的にも平面より広く感じられます。
3.5帖というコンパクトな広さでも、ホッと落ち着けるプライベート空間に。
空間を有効活用しつつ、お部屋にデザイン性をもたらしたい方にオススメです。

■お子さんの遊び場や学習スペースに!

スキップフロアを小さなお子さんの遊び場にすれば、キッチンにいる大人と目線の高さが合うので
ママも安心して見守ることができます。
実際にスキップフロアを採用された子育て中のお客様からは、
「目線が変わることで好奇心が刺激されるのか赤ちゃんがご機嫌!」
「おもちゃがいろいろな部屋に散らからないのが嬉しい!」
「子どもの学習スペースにすることで見守りが楽になった!」
など、喜びの声が寄せられています。

お子さんの様子を把握しやすい点からも子育て世代にスキップフロア。
当社モデルハウスでチェックしてみてください!

お問い合わせ・資料請求

東宝ホーム本社サイトへ