TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【小倉北区】『サニーガーデン中井 建売分譲住宅』、残り2棟となりました!
高台に立つ、高級感あふれる分譲地をイメージした『サニーガーデン中井』。利便性も高く、子育て世代が集まる人気のエリアとして、たくさんのお問い合わせをいただいております!今回は、分譲地の魅力と建売分譲住宅の見どころを担当営業・中嶋にインタビューしてきました♪



◆子育て世代に人気のエリア◆



Q:どんな方におすすめしたいエリアですか?




A:スーパーやドラックストア、病院など、日常生活に欠かせない施設が近隣に多数あり、便利で快適な暮らしを送ることができます。徒歩約7分のところにある中井小学校は生徒数が多く、小倉北区のなかでも人気の学区なので、子育て世代にピッタリの分譲地です。実際に「中井に住みたい」という方は多く、現在もたくさんのお問い合わせをいただいています。全18区画の宅地は全て完売し、1~6号地までの建売住宅は、先月完成したばかりの6号地と3号地の残り2棟となっています!




◆家族で多目的に使えるスキップフロア◆








Q:6号地建売住宅の見どころは?

A:6号地は、8月末に完成したばかり。東宝ホームの建売住宅では珍しい、切妻屋根の外観が印象的です。こちらの見どころは、スキップフロア。L字型のカウンター付きで、お子さんのお勉強や奥様のPCスペースとしてはもちろん、リモートワークスペースとしても活躍します。スキップフロアの特徴は、LDKより一段高い位置にあることで、家族との一体感を程よく感じながら、集中できるスペースであること。ぜひ、実際に座ってみて、その使い心地を確かめていただきたいです!






Q:建売特典はありますか?



A:はい!6号地建売住宅は、太陽光発電システム(4.34Kw)搭載、オール電化、リビングエアコン、家具(ダイニング・リビングセット)、1Fレースカーテン、全室照明付きの物件となります。入居した日からエアコンを使用できますし、専属のインテリアコーディネーターが選んだ家具やカーテンなので、内装との相性もバッチリです!



実際にモデルハウスをご覧いただくことで、新しい発見や好きなテイストに出会えるキッカケにもなりますので、ぜひお気軽に足を運んでみてください。




<サニーガーデン中井 建売分譲住宅の見学予約はこちらから>

【3号地】https://kitaq-toho.com/house/?dno=1&area=2&detail=on

【6号地】https://kitaq-toho.com/house/?dno=3&area=2&detail=on

※上記リンクより3号地・6号地建売分譲住宅の詳細をチェックできます。

※ご見学は、「RKB住宅展示場小倉北」(093-562-6638)へお電話でのご予約も可能です。

気になるお金の話。「自己資金がなくても家を建てられる?」
住宅営業マンとしての長年のキャリアを生かしたInstagram投稿で、フォロワー数は400人以上!ファイナンシャルプランナーの資格を持つ営業スタッフ・中嶋に住宅資金について広報担当がインタビューしてきました。
営業・中嶋のInstagram個人アカウント【 @shiro_jyutaku 】もぜひ、フォローをお願いします♪







◆初期資金は最低でもいくら必要?◆


Q:早速ですが、貯金がなくても家は建てられますか?

A:基本的には、建物に約100万円、土地に約50万円の手付金が必要になります。しかしながら、初期資金がないお客様は、交渉によって、建物と土地それぞれ10万円の手付金で可能な場合も多いです。手付金の設定額は会社によって異なりますが、実際に、若い世代の方など、10万円の手付金で家づくりを始める方も少なくありません。

家を購入するタイミングとして、25歳と35歳とでは、ローンを完済したときの年齢に圧倒的な差が出てきます。家を買う=財産の形成として、土地と建物がずっと残っていくので、可能であれば、若いうちに住宅を購入するに越したことはないと思っています。



◆満額ローンがお得になるケースも!◆




Q:貯金があっても、頭金ゼロでローンを組めますか?


A:子育て世代の方は、これからお子さんにどれだけのお金が必要になるか未知数です。そんな未知の部分に対応するために、ある程度の貯金を手元に残しておきたいと思われる方も多いことでしょう。年収や貯蓄額など、条件によっては、あえて頭金を支払わず、満額ローンを組んだ方が住宅ローン控除でお得になる場合もあるんです!住宅ローン控除については、ネットなどで「満額40万円が返ってくる!」など、さまざまな情報がありますが、あくまでも年収によるところがあるので、まずはご相談されることをおすすめします。


Q:資金の相談を受ける前に把握しておく点はありますか?

A:家計から毎月住宅ローンに支払える金額を把握しておくと、ご相談がよりスムーズになります。ボーナスがある方は、ボーナス時の支払い可能額も含めて、ご夫婦で話し合ってみてください。ちなみに、ひと昔は、車のローンがあると住宅ローンが組めないと言われていましたが、現在は、車のローンがあっても審査が下りる金融機関も少なくありません。また、他社で審査が通らなかった場合でも、その理由次第では、別の金融機関で審査が通るケースもあります!


東宝ホームでは、ご予約不要でいつでも資金のご相談を受け付けております。お金の話は気軽にできないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不安や疑問は、まず“知ること”が大切です。ぜひ、ホームページの「展示場・モデルハウス」をご覧いただき、お近くの窓口へお気軽にご相談ください♪
2020.09.10 | 固定リンク | 家づくり
いわゆる「フローリング」とココが違う! 東宝ホームの標準仕様とは?
家づくりで間取りが決まったら、いよいよ内装選びです。建具や壁材といったインテリアの中でも、「床材」は占める割合が大きく、お部屋のイメージを左右します。また、お子さんが小さなうちは床に寝転んだり、夏場は裸足で歩いたりと、素肌で触れる機会も多いので、悩まれる方も多いもの。

床材といえば、「無垢材」「フローリング」の2択を想像するのではないでしょうか。
東宝ホームでも、1階フロアの床材を「無垢材」or「フローリング」から選ぶことができます。

突然ですが、みなさんは「フローリング」にどんなイメージを持ってますか?
恐らくは、「無垢材よりもリーズナブル」「硬くてヒンヤリしている」「傷が付きにくい」といった印象をお持ちの方が多いと思います。

もちろん、全て正解ですが、実をいうと、フローリングは1種類だけではありません。
一般的なフローリングは、「合板フローリング」といわれ、ベニヤ板の表面に木目のシールを張り付けた比較的薄いつくりのものを指します。



◆無垢材に引けを取らない「突板フローリング」が標準仕様◆


一方で、東宝ホームが標準仕様としているのが、「合板フローリング」に比べてよりハイグレードな「突板フローリング」になります。「突板フローリング」は、ベニヤ板の表面に天然の板(木材)を張り付けているため、イミテーションではなく、本物の木の質感が楽しむことができます。無垢材に比べて、傷が付きにくく、素材の色味や質感が統一されていることも特徴です。







◆自然の風合いが楽しめる「無垢材」◆


同じく標準仕様である「無垢材」は、丸太からそのまま切り出されるため、時を重ねるごとに味わいが増していく経年変化を楽しむことができます。夏場は調湿、冬場は蓄熱効果があり、温かみのある肌ざわりも魅力です。









◆専属のインテリアコーディネーターが床材選びをサポート◆


東宝ホームの標準仕様である「無垢材」「突板フローリング」は、どちらもハイグレードな床材です。イメージするお部屋の雰囲気やライフスタイルに応じて、専属のインテリアコーディネーターが“理想の床”ご提案しますので、お気軽にご相談ください!


2020.08.27 | 固定リンク | 家づくり
【小倉南区】『サニーガーデンそらの街Ⅱ建売分譲住宅』残り1棟となりました!
自然豊かで利便性も抜群な小倉南区にある『サニーガーデンそらの街Ⅱ』。おかげさまで全15区画のうち、残すところ3号地の建売分譲住宅1棟のみとなりました。
そこで今回は、RKB住宅展小倉南展示場の営業スタッフ・駒井が分譲地、建売住宅の魅力をたっぷりとご紹介します。


 
2人の息子さんの格闘技の応援に夢中! 早朝から一緒にランニングしたり、試合の日は必ず応援に駆け付けたり。子煩悩なパパでもある駒井は、「家族の時間をいかにして増やせるか?」をテーマに、家事動線を重視したプランニングで、たくさんのお客様から熱い支持をいただいています。展示場で見かけたら、ぜひお気軽にお声掛けくださいね^^



◆子育てから老後まで快適に暮らせるエリア◆


Q:どんな方にオススメしたいエリアですか?

A:JR「下曽根」駅まで徒歩圏内、最寄りの葛原小学校までは約2㎞ほどありますが、成長期に足腰を鍛えるにはちょうど良い距離だと思います。「マルショク」や「トライアル」といったスーパーや病院、大きな公園が徒歩5分圏内にあり、「九州労災病院」までは車で2分程度。子育てから老後の安心まで見据えることができる環境が整っています。



◆注文住宅で得た知識を詰め込んだ建売住宅◆


Q:3号地建売分譲住宅のおすすめポイントを教えてください。

A:建売住宅に「同じような家を大量生産する」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、東宝ホームの建売住宅をご覧いただくと、そのイメージが変わると思います。数多くの注文住宅を手がけてきた経験から、住み心地や使い勝手のよい間取りや動線をふんだんに盛り込んだのが、東宝ホームの建売住宅。なかでも、こちらの3号地は、水回りが集約されているので、ムダのない動きが出来て、家事がグッとラクになります。また、適材適所の収納もぜひチェックしていただきたいポイントです。







Q:夫婦共働きや子育て世帯にとって、家事ラクは欠かせませんね!

A:そうですね!特に共働き世帯にとって、家事負担が大きいのはお洗濯ではないでしょうか。3号地建売分譲は、洗面室を広くとってあるので、乾燥機付きの浴室と併せて、室内干しできるスペースを充分に備えています。もちろん、東宝ホームの独自工法「ハイブリッド・エア・コントロール」により、梅雨や夏場でも家の中はサラサラ。安心して室内干しができるだけで、グッと家事ストレスが軽減されますよ。







◆夢が広がるロフト付き4LDK◆


Q:売約済みの4号地建売分譲も見学可能ですか?

A:はい!お施主様のご厚意により、見学を受け付けております。こちらもスタイリッシュでメリハリのある外観が特長です。3号地の建売分譲と同じく、家事動線を極力短くし、キッチンからはリビング全体を見渡せる間取りで、共働きや子育てファミリーにぜひ見ていただきたい住まいです。





Q:こちらは小屋裏収納(ロフト)付きですね!

A:4号地も適材適所の収納を備えているので、小屋裏収納は、+αの空間としてお使いいただけます。シアタールームにしたり、子どもの秘密基地にしたり。家の中にワクワクできるスペースがあることで、夢が広がりますよ!


「家づくりのイメージがなかなか膨らまない」「どんな家が良いのかわからない」という方こそ、まずは実際にモデルハウスをご覧いただくことで、きっとイメージが膨らむキッカケになりますので、ぜひお気軽に足を運んでみてください。


<サニーガーデンそらの街Ⅱ建売分譲住宅ご見学のご予約はこちらから>





【3号地】https://kitaq-toho.com/house/?dno=4&area=1&detail=on
【4号地】https://kitaq-toho.com/house/?dno=5&area=1&detail=on
※上記リンクより3号地・4号地建売分譲住宅の詳細をチェックできます。
※ご見学は、「RKB住宅展示場小倉南」(093-474-8633)へお電話でのご予約も可能です。
人気の間取り事例が目白押し♪ 新・飯塚宿泊体験展示場がオープンしました!

通常のモデルハウスを見学するだけでは、知り得ることができない「住み心地」や「使い勝手」「機能性」を体感できる宿泊体験展示場。今回、新たにグランドオープンした【飯塚宿泊体験展示場】は、注文住宅で要望が多い間取りが随所に盛り込まれています。

 







◆背面収納でいつでもスマートなキッチン◆


キッチン背面側に4面の稼働扉式家電収納ユニットが組み込まれているため、食器から調理家電までをすっきりと収めることができます。調理家電は一番右側の扉に縦一列で収納されているので、右側だけ開けて機能的に使うことも可能。カウンターキッチンは、手元が隠れていても、背面は丸見えになってしまいますが、このタイプなら、いつでも片付いたキッチンを実現してくれます。新・飯塚宿泊体験展示場には、調理家電を一式備えていますので、実際に調理しながらシミュレーションしてみてください。

 







◆リモートワークにも!2階ホールのスタディコーナー◆


2階のスペースを生かし、スタディコーナーを設置。コンパクトな広さですが、窓を設けているので圧迫感はありません。リビングの吹き抜けとつながるので、籠りっきりになることもなく、家族とのコミュニケーションを適度に図れることもポイント。大人のリモートワークやお子さんの宿題にも最適なスペースなので、ご家族みんなで使ってみて、「我が家に必要かどうか?」を話し合ってみることをオススメします。

 






 

◆共働きにはもはや必須!?部屋干しできるサニタリールーム◆


サニタリールーム(脱衣所)の天井には室内用物干し竿を完備。収納可能なアイロン台があるので、「洗う→干す→畳む」が一箇所で完結します。家事ラクを叶えてくれるサニタリールームをぜひ体験してみてください。

 








さて、本格的な夏を迎えるこれからの季節は、東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法』の性能を体感する絶好の機会です!

 

 

□高気密による“湿気だまり”を諦めない□


高性能住宅といえば、高気密・高断熱住宅を思い浮かべる方も多いと思います。

高気密とは「快適になった室温を逃がさないこと」です。もちろん、エアコンの効率が

良くなるため、光熱費は安くなります。しかし、それは同時に「湿気も逃がさない家」

になってしまうのです…。

そこで、東宝ホームが考えた工法が「気密を保ちながら通気もできる工法」=ハイブリッド・エア・コントロールシステムです。

 

 

□開放感のある住まいにマッチした工法□


吹き抜けや勾配天井、和室込みのLDKなど、開放的な間取りが人気を集めています。「こんなに開放的だとエアコンが効きにくいのでは?」と心配になりますよね。 東宝ホームは『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法』により、湿気をためずに快適な空気で家全体を包み込むので、各間取りのドアをオープンにすれば、家全体が涼しくなります。ぜひ、飯塚宿泊体験展示場で確かめてみてください!





 

<新・飯塚宿泊体験展示場のご見学や『Stay Home体験』のご予約こちらから>

https://chikuho-toho.com/exhibition/?dno=4&area=3&detail=on&ex=0

 

ぜひ、お気軽にご連絡ください♪ お待ちしております!