TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

人気の間取り事例が目白押し♪ 新・飯塚宿泊体験展示場がオープンしました!

通常のモデルハウスを見学するだけでは、知り得ることができない「住み心地」や「使い勝手」「機能性」を体感できる宿泊体験展示場。今回、新たにグランドオープンした【飯塚宿泊体験展示場】は、注文住宅で要望が多い間取りが随所に盛り込まれています。

 







◆背面収納でいつでもスマートなキッチン◆


キッチン背面側に4面の稼働扉式家電収納ユニットが組み込まれているため、食器から調理家電までをすっきりと収めることができます。調理家電は一番右側の扉に縦一列で収納されているので、右側だけ開けて機能的に使うことも可能。カウンターキッチンは、手元が隠れていても、背面は丸見えになってしまいますが、このタイプなら、いつでも片付いたキッチンを実現してくれます。新・飯塚宿泊体験展示場には、調理家電を一式備えていますので、実際に調理しながらシミュレーションしてみてください。

 







◆リモートワークにも!2階ホールのスタディコーナー◆


2階のスペースを生かし、スタディコーナーを設置。コンパクトな広さですが、窓を設けているので圧迫感はありません。リビングの吹き抜けとつながるので、籠りっきりになることもなく、家族とのコミュニケーションを適度に図れることもポイント。大人のリモートワークやお子さんの宿題にも最適なスペースなので、ご家族みんなで使ってみて、「我が家に必要かどうか?」を話し合ってみることをオススメします。

 






 

◆共働きにはもはや必須!?部屋干しできるサニタリールーム◆


サニタリールーム(脱衣所)の天井には室内用物干し竿を完備。収納可能なアイロン台があるので、「洗う→干す→畳む」が一箇所で完結します。家事ラクを叶えてくれるサニタリールームをぜひ体験してみてください。

 








さて、本格的な夏を迎えるこれからの季節は、東宝ホームの独自工法『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法』の性能を体感する絶好の機会です!

 

 

□高気密による“湿気だまり”を諦めない□


高性能住宅といえば、高気密・高断熱住宅を思い浮かべる方も多いと思います。

高気密とは「快適になった室温を逃がさないこと」です。もちろん、エアコンの効率が

良くなるため、光熱費は安くなります。しかし、それは同時に「湿気も逃がさない家」

になってしまうのです…。

そこで、東宝ホームが考えた工法が「気密を保ちながら通気もできる工法」=ハイブリッド・エア・コントロールシステムです。

 

 

□開放感のある住まいにマッチした工法□


吹き抜けや勾配天井、和室込みのLDKなど、開放的な間取りが人気を集めています。「こんなに開放的だとエアコンが効きにくいのでは?」と心配になりますよね。 東宝ホームは『外断熱+ハイブリッド・エア・コントロール工法』により、湿気をためずに快適な空気で家全体を包み込むので、各間取りのドアをオープンにすれば、家全体が涼しくなります。ぜひ、飯塚宿泊体験展示場で確かめてみてください!





 

<新・飯塚宿泊体験展示場のご見学や『Stay Home体験』のご予約こちらから>

https://chikuho-toho.com/exhibition/?dno=4&area=3&detail=on&ex=0

 

ぜひ、お気軽にご連絡ください♪ お待ちしております!