TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

【スタッフ紹介】入社2年目、≪RKB住宅展小倉北≫の刀根慎太郎です!
今回は、RKB住宅展小倉北に常駐する営業スタッフの刀根をご紹介します。
大学時代のアルバイト経験から、自転車に関する知識はプロ級!
ほかにも、釣りやゴルフ、野球と沢山の趣味を持つ、エネルギッシュな刀根ですが、東宝ホームに入社した理由は、スポーツ店でのアルバイト経験から得た、ある気づきにありました。




◆人と接する楽しさを知ったアルバイト経験◆



Q:大学時代のアルバイトについて教えてください。

A:大学時代にスポーツ店で、自転車売り場に配属されていました。数十万円もするような本格的なバイクを取り扱っていたため、アルバイトとはいえ、自転車の知識をしっかりと学ばせてもらい、販売員として仕事を任せていただいていたんです。そのときに、純粋に「人と接するのって楽しい」「お客様の役に立てることが嬉しい」と実感していたので、将来は営業の仕事をしよう!と決めていました。





◆売った後のお付き合いが醍醐味!◆



Q:そこから東宝ホームに入社したい!と思った理由は?

A:そのお店では、自転車を販売した後、1週間後や1ヵ月後にアフターフォローとしてお客様とお会いする機会がありました。そのときに「めちゃくちゃ乗り心地良いよ!」「刀根さんに勧めてもらったバイクにして良かった!」と言っていただけると、自転車が売れたときよりもめちゃくちゃ嬉しかったんです。それから、営業の仕事をするなら長くお客様とお付き合いしたいと考えるようになって。東宝ホームは「出迎え三歩、見送り七歩」という理念があり、家を販売した後のお付き合いを大切にしている会社です。そのために転勤がないこと、資産価値として末永く残せる家づくりをしていることを知り、この会社で働きたい!と入社を志望しました。



◆表だけじゃなく、根底から支える強さ◆



Q:今年もソフトバンクホークスが日本一に輝きましたね!そこで、野球が好きな刀根さんに質問です。東宝ホームをホークスの選手に例えるとどなたが浮かびますか?

A:今シーズンでいくと、栗原陵矢選手でしょうか。栗原選手は、ここぞという場面で間違いのない仕事をしてくれる選手です。グイグイ前に出てくるタイプではないし、派手さはないんですが、みんなが求めている仕事を成し遂げてくれるというか。東宝ホームは目に見えない部分(構造や性能)にこだわっているメーカーです。目立たないところにもしっかりと力を注いで、住む人のため、野球でいえばチームのために、バリバリと頑張っているところが似ているなと思いますね!




いかがでしたか?
次回は、今回ご紹介した営業スタッフ・刀根のお客様ストーリーをお届けします!
そちらもぜひご覧ください!
【スタッフ紹介】新卒から活躍を続けられる理由。 ~「宗像店」店長・河野~ 
新卒で入社し、今年で15年目。
営業スタッフとして、数多くのお客様の家づくりを伴走してきた、
宗像店・店長の河野をご紹介します。


河野が入社した約15年前。東宝ホームは、会社としてまだ発展途上にあり、現社長の渡部が就任して1年、新たなスタート地点に立ったばかりでした。あれから十数年、家づくりを通じて、沢山のご家族の笑顔と出会い、会社としても急成長してきた東宝ホーム。新卒から第一線で活躍を続けている河野は、そんな歴史を見てきた稀有なメンバーでもあります。





■直感を信じて入社して15年



Q:入社当時のエピソードを教えてください。




A:小さい頃、宗像市に住んでいたんです。父親が建築中の家を見に行くのが好きで、よく一緒に車で住宅地を見て回ったりしていたので、自然と家づくりに関心を持っていました。

それから大学を卒業して、初めての就職面接でお会いしたのが渡部社長でした。当時は私自身、「このままじゃいけないな…」とどこか自分に自信が持てないでいました。その隠している部分を面接の時、社長に見抜かれてしまって…。そのうえで、「社会人になったらこんな風に成長できるよ」と指南してくださったんです。その懐の深さ、力強さに直感で「この人についていきたい!」と感じて入社を決意。絶対にこの会社に入ろうと決めて、それ以降は一切の就職活動を辞めていたので、今思えば、無事に入社できて本当に良かったです(笑)。





※約10年前の初々しい河野です!





Q:面接では社長だと知らされていなかったそうですね!




A:はい(笑)。面接では「社長です」という紹介がありませんでした。当時から、組織自体もアットホームな会社でしたから。その後、会社は急成長していきましたが、社内のアットホームな雰囲気は、変わらずに残っていますね。




■営業としての自分を支える“軸”



Q:新卒から15年、営業として第一線で活躍できている理由は?

A:率直に言うと、ピュアな気持ちを持ち続けられるから、でしょうか。どんなに会社が大きくなっても「お客様第一」であること、そして「選んでよかった」と言っていただける家づくりを提案したいという“軸”は、ずっと変わっていません。社長をはじめ、会社としてその“軸”が変わらないから、私自身もブレることなく、ピュアな気持ちで家づくりに向き合えるのだと思います。

Q:オン・オフの切り替えはどうしていますか?

A:私自身、仕事とプライベートをきっちり分けていないんです。さっきお話した、“軸”を大切にしていたら、オン・オフを分けないほうが、自分らしくいられるというか。それでなくても、お客様にとって、家づくりは人生の一大イベントです。そこに誠実な気持ちで向き合っていたら、休日や時間外であっても、お客様から求められれば対応する、ということが自然になっていったのかもしれません。




■社長との想い出の一枚





A:これは、以前、社員旅行でUSJに行ったときの写真です。私は、子どもが4人いるんですが、下の子ども2人を連れて行ったので、1人で面倒を見れるか正直不安だったんです。でも、USJでは私以上に社長がしっかりと子守をしてくださって(笑)!子どもたち2人も、社長にすっかり懐いていました!




いかがでしたか?
仕事熱心な河野ですが、現在絶賛子育て中!
最近は、4人のお子さんたちと「鬼滅の刃ごっこ」にハマっているそうです。
【宗像店ホームギャラリー】に常駐していますので、ぜひ、お気軽にお声掛けください!
ご来場をお待ちしています♪
【今年度・新卒社員インタビュー】~東宝ホームってどんな会社?~Part.-②
今年度に入社した新卒社員4名にフォーカスをあて、東宝ホームへの入社を志望した理由や、入社してからの業務の様子など、様々な角度からインタビュー!
今回は、Part-②として実際の業務について質問してきました。

【インタビューした新卒メンバー】
北九州支店/八幡営業所/ひびきの店Ⅱ課 営業:三浦 瑠加
北九州支店/RKB小倉北店 営業:福井 将也
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:森 萌香
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:北 真莉子

Q:実際の業務がスタートしてみてどうですか?

【福井】



◆初契約はビルトインガレージのある住まいです!◆

自分自身、自社のことだけでなく、幅広く住宅の知識を身に付ける必要性を感じたため、入社してから身に付けた知識を“伝わること”に昇華させるために、帰宅後も動画などで住宅に関する性能や知識を学習しています。

また先日、お電話でお問合せをいただき、土地のご紹介から担当させていただいたお客様との契約が決まりました!2台駐車可能なビルトインガレージ、オーバースライダーのシャッターで、デザイン性の高い住まいが完成する予定です。お施主様とは、お子さんの志望高校が僕の母校であったため、地元トークで盛り上がったりと、親しくお付き合いをさせていただいています。

【三浦】





◆学童保育のバイト経験を活かして◆

実際に自分が抱いていた住宅営業マンのイメージは、パリッとスーツを着こなしているクールな印象だったのですが、実際はイベントの下準備から当日のスタッフをしたり、所有する分譲地や分譲住宅の草刈りをしたりと、力仕事もあることに驚きました。そうやって、お客様やオーナー様と触れ合える機会が多いこともこの仕事の魅力だと感じています。

僕自身、大学時代に小学校の学童保育のバイトをしていたことで、子育て中のお客様から学童の事情を尋ねられることも多く、学生時代の経験が役に立って嬉しい限りです。なかでも、子育て中の方から高い人気を集めているのが、ひびきのエリア。平成29年4月に新設されたひびきの小学校は、生徒数1000名とマンモス校です。この地域は、治安や環境が整っていて、同世代のご家族が集まっていることも大きな魅力です。

【森】

◆設計もできるコーディネーターを目指して◆

東宝ホームでは、設計士や営業がインテリアコーディネートを兼任するのではなく、専任が担当します。そのうえで、設計士とインテリアコーディネーターの連携がしっかり取れている点も大きな特徴です。私自身は、設計もインテリアもトータルでコーディネートを提案できるスキルを身に付けたいと思っていて。住まいや造作家具だけでなく、ご要望があれば、お客様自身で購入される家具の色をアドバイスしたりと、細部まで気を配れるコーディネーターを目指していきます!

【北】

◆インテリアの現物が揃う『ホームギャラリー』◆

実際にインテリアコーディネートの打ち合わせに同席してみると、ドアの取っ手1つなど細部まで決めていくことに驚きました。東宝ホームでは、壁紙や床材など、コーディネートの素材が集約されたホームギャラリーでプランニングを行います。カタログだけでない、現物を見ながら住まいのコーディネートをプランニングできる点が大きな魅力だと思っています。

いかがでしたか?
このシリーズを通じて、東宝ホームの社風や雰囲気などをイメージしていただけると嬉しいです♪またの機会をお楽しみに!
【今年度★新卒社員インタビュー】~東宝ホームってどんな会社?~Part.-①
今回は、この春に入社したばかりの新卒社員4名にフォーカスをあて、東宝ホームを志望した理由や、入社してからの業務の様子など、様々な角度からインタビュー!
今回は、Part-①として「入社のキッカケ」について質問してきました。このシリーズを通して、東宝ホームの社風や雰囲気などをイメージしていただけると嬉しいです♪

【インタビューした新卒メンバー】
北九州支店/八幡営業所/ひびきの店Ⅱ課 営業:三浦 瑠加
北九州支店/RKB小倉北店 営業:福井 将也
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:森 萌香
TOHO HOME プランニング・デザインオフィス:北 真莉子

Q:東宝ホームに入社した理由は?

■北九州で“勢いのある住宅メーカー”と評判!■
【福井】
住宅業界は今後厳しくなっていくとの懸念する声もありましたが、周りの友人から、「東宝ホームは今すごく売れていて勢いのある会社だよ!」と聞いて興味を持ちました。地元・北九州に腰を据えて活躍していきたかったので、『転勤がない』ことも大きな魅力で。
また、就職活動をするなかで、北九州の地場企業だと、まだまだ古い考えの企業も多いなぁと感じていましたが、当社の先輩社員の話はとても先進的でした。社風や雰囲気も良く、中途入社した先輩が「この会社がゴール。他の会社は考えられない」と言っていたことも大きな決め手になりました。



■プライドを持って活躍できる仕事がしたかった■

【三浦】
元々志望していた不動産仲介業の説明会に行った際に「誰にでもできる仕事だから」みたいなことを言われて違和感を感じてしまって。当社の社長は、「うちの仕事は誰にでもできる仕事じゃない」と断言されたので、ここなら社会人としてプライドを持って働ける!と確信し、「この会社で活躍したい!」と強く思ったことがキッカケです。



■自分が建てたいと思える家づくりを手掛けたい■

【森】
私は、住宅に関わるなら自分が建てたいと思える家づくりを手掛けたくて。
リーズナブルな価格の住宅が溢れるなか、東宝ホームは家づくりに対する考えや構造がしっかりしていて、信頼を得られる会社だと確信したことがキッカケです。余談ですが、面接では社長に自分の性格を一発で言い当てられてびっくりしました(笑)。

■社風と同じくらい人に魅力がある会社■

【北】
祖母が工務店を営んでいたことから住宅に興味を持つようになり、専門学校で建築の知識を学びました。私は一度就職経験があり、「やっぱり会社は人が大事!!」ということを痛感していて。東宝ホームは、会社説明会で社風の良さも感じましたし、ほかの企業にはない建築試験を実施していて、自分が学んできたことを表現できたことも嬉しかったです。専門学校のOBである先輩社員からも「良い会社だよ!楽しいよ!」と言っていただき、採用前から入社した気になっていました(笑)。

いかがでしたか?
Part-②では、いよいよ実際の業務の様子などをお届けしますのでお楽しみに!

専属インテリアコーディネーターは建築士資格を持つスタッフも在籍!
外壁材や床材、壁紙、ドア、インターホンの高さ、カーテンにいたるまで…。
お客様の理想をカタチにするインテリアコーディネーターは、家づくりにおいて
建築士と同等に、高いスキルを要することをご存知でしたか?

■理想をデザインするプロ集団

東宝ホームは北九州エリアで10名のコーディネーターが在籍。
一棟につき一名のコーディネーターが専属で住宅の引き渡しまで担当します。
コーディネーターの仕事は、造作家具やカーテンの設置なども手掛けるので、
デザインセンスのみならず数値的なスキルが必要不可欠。
そのため、当社コーディネーターの多くが建築士の資格を保有しています。
お客様の理想や要望をしっかりとくみ取り、“ジャストフィットの美しさ”をコーディネートすること。
あらゆる注文住宅を手掛けてきた経験値を活かし、“後悔しない家づくり”を実現していきます。

■JR本城駅前『ホームギャラリー』で夢をカタチに



家を建てることが決まったら、床や壁、ドア、天井など、それぞれの素材や色決めを進めていきます。
床材のダークブラウン1つをとっても、メーカーや種類もかなりの数があり、ドアや壁紙との組み合わせまで含めると何万パターンにも渡ります。お客様がゼロから選び抜くことはとても困難です。
様々なジャンルから多岐に渡る選択を行うからこそ、専属のコーディネーターが総合的にコーディネートしていく必要があります。



『ホームギャラリー』では、床材とドア材の相性を照らし合わせたり、標準仕様とオプション仕様を比べたりと、“選びやすさ”に工夫を凝らしたブースをご用意しています。
また、キッズルームや授乳室も完備。
多岐に渡る打ち合わせをより快適に過ごしていただきたいと考えています。

住宅の何気ない部分もコーディネーターのセンスと計算で品格をもたらすことができるもの。
家づくりのパートナーを選ぶ際は、専属コーディネーターの存在についても確認してみてください。