TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
一生賃貸に住むメリットはある?老後の心配はない?将来の不安を解消
家を買うか、一生賃貸暮らしを続けるか…なかなか結論をだすのが難しいテーマですよね。

最近は「ずっと賃貸暮らしでもいいかな」と言われる方も多いですが、はたして本当にリスクはないのでしょうか?

今回は一生賃貸暮らしを続けるメリットと、老後の不安について深く考えてみたいと思います。

一生賃貸に住むメリットはある?老後の心配はない?将来の不安を解消




一軒家やマンションなどを買うことなく、ずっと賃貸に住み続けると、どういった生活になるのでしょうか。

まずは賃貸生活のメリットを確認。そして賃貸暮らしで後悔しないために、先々のリスクについても見ていきましょう。


賃貸に住むメリット1:気軽に引っ越せる




賃貸暮らしのメリットは、なんといってもすぐに引っ越せる身軽さ。


  • ・結婚するので、夫婦の職場に近いアパートに住む

  • ・子どもが生まれたので、ファミリー向けマンションに引っ越す

  • ・子どもが巣立ち、親の介護が必要になったため、実家の近くに引っ越す



など家族構成や働き方に合わせて、そのとき一番暮らしやすい家を選べます。
なかには「隣家がうるさい」「今の家に飽きた」などの理由で、引っ越しを検討される方もいます。


賃貸に住むメリット2:住居費を下げられる




賃貸暮らしには、収入や支出の変化に合わせて住居費をコントロールできるというメリットもあります。
たとえば「不景気による収入減」「子どもが生まれて出費が増えた」といった際、家賃の安い物件に引っ越せば住居費を下げられます。


収入に波がある方や、転職を考えている方は、住居費が固定されない安心感がありますよね。

ただし住み替えにもお金は必要!

敷金・礼金・引っ越し代など、住み替えのたびに数十万円単位のお金はかかります。
身軽だからといって、引っ越し貧乏にならないようには気を付けたいところです。


賃貸に住むメリット3:メンテナンスの手間が少ない




賃貸だと物件のメンテナンスや修繕の手間がかからないというメリットも。

たとえば給湯器が壊れてお湯がでなくなったら…


  • ・持ち家→ご自身で修繕・交換の手配が必要

  • ・賃貸→基本的に管理会社や大家さんに連絡するだけでOK!



修繕費用はすでに家賃に含まれているので、突然大きな出費が発生することも少ないでしょう。

ただし賃貸住宅はあくまでも借り物!不注意で傷をつけたり壊してしまったりすると、費用を請求されることもあります。
トラブルにならないためにも、普段からきれいに掃除をして、ていねいに扱うことは大切です。


賃貸に住むデメリット1:間取り・内装・設備など自分で選べない




では次に、賃貸に住むデメリットも見ていきましょう。

一つ目のデメリットは、間取り・内装・設備などを自分で決められないということです。

賃貸物件を探していると「低い天井に小さな窓、真っ白なビニールクロスに中途半端な色のフローリング…」と似たような間取りや内装がほとんど。
せっかくおしゃれな家具を置いたのに、なんだかイマイチ!という経験をされた方も多いのではないでしょうか?


賃貸物件ではコストを抑えるため、内装や設備は安い量産品を選ばれることが多いです。

最新設備やデザインにこだわった物件もありますが、家賃はグンと高くなります。
満足度の高い住まいを求めている方、インテリアにこだわりたい方は、賃貸だと物足りなさを感じるかもしれません。


賃貸に住むデメリット2:老後も家賃がかかり続ける




そして一生賃貸=老後も家賃を支払い続けるということ。
定年後に収入がガクンと減ったとき、どのように家賃を払っていくのかが大きな課題です。


たとえば老後に家賃7万円のコンパクトな家に住み替えた場合…


  • ・65才~85才の20年間…住居費1,680万円が必要

  • ・65才~95才の30年間…住居費2,520万円が必要



人生100年時代。「自分の老後が何年間あるのか?」は予測が立てられません。
長生きすればするほど住居費がかさんでいく…というのはなかなか不安ですよね。


賃貸に住むデメリット3:老後に住むところがなくなるリスク




そして賃貸だと「老後に引っ越しの選択肢が大きく狭まる」というリスクもあります。
高齢になると年収が下がり、現役世代に比べて入居審査もシビアにになるのです。


また元気なときは問題なくても、介助・介護が必要になって老人ホームなどの施設に入居したいと思ったときに困るケースもあります。


  • ・コストパフォーマンスの高い施設→競争率が高く、なかなかすぐには入居できない

  • ・入居しやすい施設→初期費用だけで数百万円、入居後も数十万円の費用がかかることも



持ち家があれば売却してまとまったお金を用意できますが、賃貸の方は貯蓄に頼るしかありません。
賃貸暮らしを決断するなら、シニアライフの備えも忘れずに!


一生賃貸に住む決断を下す際に、意識しておきたいこと




一生賃貸に住むなら「自分は高齢になっても家賃を支払い続けられるのか?」という問題としっかり向き合わなければなりません。
また借りられる物件も見つかりにくくなるため、予算によっては住環境が大幅にグレードダウンする可能性もあります。


高齢になっても賃貸でいい住環境を求めるのであれば「定年をすぎても収入をキープし続ける」もしくは「十分な貯蓄をしておく」という念入りな準備が必要になるでしょう。

住宅を購入する際の選択肢とは




老後の住まいの不安が一番少ないのは、現役時代にマイホームを買っておくこと。
若くて健康なうちであれば、住宅ローンの審査にも有利。長期間でローンを組んで、毎月の負担を抑えることもできます。


購入するのがマンションだと、老後も修繕積立金・管理費がかかり続けます。
そういう意味では、一戸建てを買うほうが老後の住居費の不安は少ないでしょう。


もう一つの選択肢として、若いうちは賃貸暮らしで、定年後に家を買うという道もあります。
この場合のメリットは、子どもの成長や働き方にあわせて住み替えられること。老後の賃貸リスクからも逃れられます。


ただし定年後にローンを組むのは難しいので、現役時代に「家賃を払いながら、老後に家を買う資金を貯蓄する」という努力が必要になります。

さいごに




若くて健康にも収入にも問題がないときには、賃貸暮らしでも特に問題はないかもしれません。

むしろ住宅ローンも背負わずにすみ、ライフスタイルに合わせて気軽に引っ越せる…となると、メリットのほうが大きく感じられることもあるでしょう。

賃貸暮らしで不都合がでてくるのは、老後や健康に問題がでてきたときなど。
人生において困ったときほど「家を買っておけばよかった」と思う可能性も増えてくるのです。


住宅ローンを組めるのも、若くて元気なうちだけです。
ぜひ選択肢が多いうちに、住まいについてしっかり向き合っておかれることをおすすめします。


2021.10.04 | 固定リンク