TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ
【スタッフ紹介】入社のキッカケは東宝ホームで自邸を建てたこと。~営業スタッフ・笠野~
今回は、天体観測やボディービル、ガーデニングなど多趣味であり、子煩悩パパでもある営業の笠野をご紹介します!入社10年目、お客様の気持ちに寄り添ったサポートでたくさんの家づくりを伴走してきた笠野に、入社当時を振り返ってもらいました。東宝ホームで自邸を建てたことをキッカケに、住宅の営業マンへ転身したストーリーを、ぜひご覧ください!




◆築7年の友人宅を見て感動!!



Q:東宝ホームで自邸を建てた1カ月後に入社したそうですね!
A:東宝ホームに入社したのが約10年前。前職では企業に商品を届けるルート配送や機械メンテナンスの仕事をしていました。当時、マイホームを建てることになり、某大手ハウスメーカーで仮契約まで進めていた折、東宝ホームで家を建てた友人宅を訪れることになったんです。それまでたくさんの新築住宅やモデルハウスを見学していましたが、築年数が経った家を見に行くのは初めてで。友人宅は築7年が経過していましたが、外壁も内装もすごくキレイで大変驚きました。





◆性能の高さを実感した“リアル”な声



Q:ご友人から性能のお話も聞かれたそうですね!
A:はい!友人が建てたエリアでは、同じく7年ほど前に建てた近隣の家にシロアリの被害が出ていたそうです。一方、東宝ホームで建てた友人宅は少しの被害も出てないと話してくれました。シロアリの被害の大きな要因は結露。「冬場は窓に結露が付かないので快適だよ!」と話していたのが印象的でした。また、7年も住んでいたら、“その家の匂い”みたいなものってあるじゃないですか。友人宅では、そんな匂いが全くしなかったんです。結露にしろ、匂いにしろ、東宝ホームの独自工法「ダブル通気工法」で、しっかり壁内と壁外で空気が循環しているんだなと実感しましたね。





◆心機一転!東宝ホームで家づくりをスタート!



Q:その後東宝ホームで自邸を建てたのですよね?
A:友人宅を訪れてからすぐに某大手メーカーでの仮契約をキャンセルし、東宝ホームで家づくりをスタートしました。プランを依頼する際に天体観測という趣味を楽しめる住まいを提案してもらいました。担当営業さんも設計士さんも親身になってくださるので、毎回の打ち合わせがとても楽しかったことを覚えています。





◆東宝ホームとの出会いをキッカケに、住宅の営業マンへ転身!

Q:自邸が完成して1カ月後に入社された笠野さん。転身のキッカケは?
A:自分自身、施主側として家づくりを経験し、ゼロからお客様の夢を叶えていく仕事に魅力を感じるようになったんです。また、前職での職業柄、さまざまな企業の雰囲気を見てきましたが、東宝ホームの社員は、いつもみんなニコニコしていて、スタッフ同士の連携も取れていて。自然と「この会社で働きたい!」という想いが芽生えたことも大きなキッカケです!





いかがでしたか?
約10年前のエピソードも鮮明に語れるところからも、家づくりや仕事に対する情熱が伝わってきました。次回は笠野が初めて担当させていただいたお客様の家づくりストーリーをお届けします!ぜひ、ご覧ください。
2022.01.27 | 固定リンク