TOHOブログ

東宝ホーム 北九州TOHOブログ

東宝ホームの家づくり情報を公開中!

資金相談をもっと気軽に! まずは“知る”からはじめませんか?
「そろそろ家を建てようかな?」と検討しているときも、「家づくりについて動き出そう!」と決めたときも。まず最初に頭に思い浮かぶのは、資金やローンといった“お金”のことではないでしょうか??

お金に関することは、身近な家族や友人にはかえって相談しづらく、最終的にはプロに相談しなければ本当のところは知り得ることができません。気になっていることや不安なことは、できるだけ早く知って、スッキリさせることが前に進むコツです!東宝ホームでは、契約前はもちろん、いつでも&どなたでも住宅資金に関するご相談を受け付けています♪



■マイホーム計画をもっと身近に■

殆どの方が初めてとなる住宅ローンだけに、アレコレと悩まれる方も多いと思います。
「自分の年齢や年収で家を建てられるの?」
「頭金はいくら位ないといけない?」
「貯金がないと無理ですよね?」
など、当社にも様々な疑問やお悩みを持った方がご相談にみえています。

住宅ローンをはじめとするお金に関する現状や概念、ライフプランはお一人おひとり異なるので、この場で質問にお答えすることはできませんが、1つだけお伝えしたいことは、むやみに不安を抱え込む必要はないということ。住宅ローンとは言っても、家賃と同じように継続的に払うものですので、元気に働くことができていれば、きっとマイホームを建てることができますよ!

■いつでも無料で相談できます♪■

住宅ローンに関しては、借り入れのときに返済完了までの金利が確定する『フラット35』や金融機関から借り入れするパターンなど、様々な選択肢があり、ネットで情報を集めても確信が得られない方も少なくないと思います。

東宝ホームでは、住宅ローンの知識を持つスタッフが、お一人おひとりの経済状況やライフプランを踏まえたうえでご相談に応じています。ケースによっては、外部のファイナンシャルプランナーに相談することも可能です。もちろん、ご相談は全て無料!料金が発生することはありませんので、お気軽になんでも相談してみてください。まずは現状を知ることで、家づくりや資金のことを身近に感じてもらえると嬉しいです。

■消費税増税に焦る必要ナシ!■

2019年10月から消費税が10%に引き上げられましたが、住宅の購入に際して「増税前に購入できなかった!」と焦る必要はありません。増税にあたって、住宅ローンの減税や次世代住宅ポイント制度といった国からの支援策があり、増税後のデメリットが発生しないように様々な制度が用意されています。希望する土地との出会いやお子さんの進学など、“家を建てるのに最適な時期”はケースバイケースなので、ご家庭のタイミングを大切にしてください。

家づくりのタイミングを見極めるためにも、まずは“知ること”からはじめてみてはいかがでしょうか?
ご相談のご予約やお問合せは、各支店・展示場にていつでも受付中です!
2019.10.24 | 固定リンク | 家づくり
光熱費が安く長持ちする性能が決め手に! 憧れのビルトインガレージを実現した住まい  ~スタッフ回顧録Part-②~
先月よりお届けしているスタッフ回顧録。今回は入社2年目の米倉にインタビューしました!

一見すると柔らかい印象の彼女ですが、戸建て建築の専門学校で知識だけでなく、施工スキルまで習得し、在学中に木造軸組みで住宅を一棟建てた経験の持ち主!
2級建築士の資格を活かしながら、営業スタッフとして頑張っています♪





■宿泊で『外断熱+エア・コントロール』を体感!■

Q:お客様との出会いを教えてください。

A:N様は、結婚されて1年目、20代後半のご夫婦です。出会いは展示場への来場だったのですが、東宝ホームが初めて訪れた展示場で「家づくりに関してまだ何も知らない」とのことでしたので、家づくりに関する流れをご説明させていただきました。その後、城野宿泊展示場に泊まっていただき、蒸し暑い季節だったのですが、「今住んでいる家に比べて朝起きて暑くなかった!」と外断熱+エア・コントロールの性能に驚いておられました。

Q:東宝ホームに依頼された決め手は?

A:当社と同時進行で低コストの住宅メーカーにも見学に行かれたそうです。しかし、実際に城野宿泊展示場に泊まった経験から、「やっぱり良い家に住みたいと再認識しました!」と言っていただけて!外断熱+エア・コントロールにより、賃貸住宅より光熱費が安くなることや、頑丈で長持ちする工法も大きな決め手となったようです。

その後、当初の希望エリアでは予算オーバーとなってしまうため、土地価格を比較的抑えられる『シンプルライフ吉志』の宅地をご紹介しました。敷地面積が広く、子育て環境としても申し分なく、分譲地の警備がしっかりしている大型分譲地『シンプルライフ吉志』の環境を大変気に入られて、いよいよ住まいのプランニングがスタートしました!

Q:間取りの要望はいかがでしたか?

A:自動車関係の職場にお勤めのご主人様の夢であった『ビルトインガレージ』を実現しました!外観はブラックが基調の外壁にシルバーのシャッターが映えるクールな印象に。ガレージ内は工具などを収納し、いつでも愛車の手入れができるようにゆとりある広さを設けています。
1階にビルトインガレージをつくったことで、和室は2階という珍しい間取りになったのですが、この和室は主寝室横に配置し、将来お子さんの寝室として使えるようにシンプルにしました。

■まるで3階⁉こんなに活用できるロフトは初めて!■

Q:ロフト(小屋裏収納)に驚かれていたそうですね!

A:城野宿泊展示場に宿泊された際、ロフト(小屋裏収納)に上がって「こんなロフト初めてみた!」と大変驚かれていました。1人暮らしのアパートにあるような梯子で上がるロフトとは全く異なり、3階へ続くような階段があり、一部屋として十分なスペースがあること、外断熱+エア・コントロールにより夏場でも快適に使えるスペースであることに感激されて。もちろん、N様邸にもロフトをつくり、「シアタールームにする予定です!」とワクワクしておられました。



Q:お客様とのやり取りで工夫したことは?

A:打ち合わせの際は、バスの時刻表や通勤・通学路など、打ち合わせ後、帰宅されてからゆっくり見てもらえる資料をお渡しするようにしていました。ほかにも、実際の間取りや暮らしがイメージできるような手書きのプランボードを作り、とっても喜んでいただけて。
奥様とは同じ20代だったこともあって、打ち合わせでご自宅に招いていただいたり、LINEでやり取りしたりと親しくさせていただいています。N様の住まいは10月着工、3月に完成予定です!これからもお客様に信頼していだけるように経験を積みながら、より良いお付き合いを育んでいきたいです!
2019.10.17 | 固定リンク | 家づくり
子育て環境&利便性バツグン!in行橋エリア 『サニーガーデン西宮市』をご紹介♪
家づくりは建物だけでなく、その周辺環境も非常に大切です!家を新築する際は、『利便性』『通勤アクセス』『最寄りの小学校の評判』『子どもが安全に通学できる環境』『子育てファミリーが多い』など、沢山のポイントを見極めなければいけません。

**今回は、行橋エリアでスタッフがイチ押しする『サニーガーデン西宮市』の分譲地&建売モデルハウスについてご紹介します♪

■特急停車駅「行橋駅」まで徒歩10分!■
徒歩10分とアクセス便利な「行橋駅」は特急停車駅のため、通勤はもちろん、将来お子さんが高校や大学へ進学されたときの通学にも便利です。駅隣の「安川通り」には、飲食店やパン屋さんといったショップがズラリと並び、買い物やランチを楽しむことができます。車で4分ほどでいける「コスタ行橋」には、100円ショップやスーパーマーケット、「ドン・キホーテ」「TSUTAYA」などの集合ショッピング施設もあり、利便性バツグンです。

**最寄りの「行橋小学校」は設備が充実している人気の学区!**
近くに公園もあるので、小さなお子さんを育てている方にとっても嬉しい環境が備わっています。

■8号地・モデルハウス(4LDK+WIC+ロフト)
~開放的な吹き抜けと趣味部屋として使える屋根裏ロフトの住まい~
明るい陽光が降り注ぐ開放的な吹き抜けがシンボル!階段であがれる屋根裏ロフトは5帖あり、一部屋として十分な広さを確保♪収納だけでなく、シアタールームやコレクションルームなど趣味部屋としても活用できます。3台分の駐車場スペースがあり、来客時も安心です。







詳細や見学のお問合せは、RKB小倉南住宅展【(093)-474-8633】までお気軽にご連絡ください!
【お客さま事例】~S様邸~ 子育ても家時間ものびのびと♪平屋+勾配天井の住まい
~S様邸営業担当者・田中英嗣にインタビュー!~

土地面積100坪、駐車場スペース4台分と広々とした敷地に建つS様邸。
昨今、人気を集めている平屋+勾配天井の開放的なお住まいです。
それぞれの時間を楽しめるゆったりとした空間設計や、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールの住み心地など、S様邸の事例をご紹介します♪





◆OB様からのご紹介で家づくりがスタート!◆

Q:家づくりのキッカケは?

A:東宝ホームのOB様よりご紹介いただいたのがS様です。「子どもの実家づくりをしたい!」という家づくりのコンセプトをお持ちで。思い出がいっぱい詰まったお家で、楽しいことも辛いことも家族で共有していける“我が家づくり”をご希望でした。

「お客様が本当に幸せになる!」という着地点を目指すためには、できないことはできないと伝えなければいけないこともあります。伝えるときは心苦しいですが、“幸せになる”というゴールのためには必要なことです。S様からは「田中さんは、できないことはできないときっぱり判断してくれた所も信頼できました!」と言っていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

Q:間取りの要望や工夫を教えてください。

A:「家族それぞれが好きなことを思う存分楽しむことができて、お互いを尊重し合えたらいいね!」と話されていたS様。家族や友人が自然と集まりたくなるほど広々としたLDKや、リビングと繋がる和室など、程よく距離を保ちながら、家族の存在を感じることができるような空間設計を手がけました。

なんと言っても、S様邸のシンボルはLDKに配した勾配天井です!勾配天井には木目を用いて、温もりのある雰囲気を演出しています。ソファーに横になったとき、高く伸びる天井を望むだけで、きっと心身がリラックスできるのではないでしょうか♪







◆住宅性能が良いと快適、そして光熱費が安くなる♪◆

Q:実際に入居されてからの感想はいかがですか?

A:入居されてから初めての夏を迎え、外断熱+ハイブリッド・エア・コントロールによる、夏サラサラの心地好さを実感されているようです!家の中がどこにいても湿気でジメジメしておらず「室内干し用のランドリールームを閉め切っても全く室内干し臭がしない!」と喜んでおられました♪以前のお住まいと同じ洗濯洗剤を使っているので室内環境の違いは間違いないようです。最低限のエアコンで家全体が涼しくなるため、光熱費が半分になったことにも大変驚かれていました。

また、以前の住まいでは、テレビの音が外に漏れて近所迷惑かも…と心配になることもあったそうですが、今では家の中にいると雨が降っている音も聞こえないほど遮音性の高さを実感。お子さんたちも思う存分お家時間を楽しまれているようです。

お客様事例は次月もお届け予定です!
お楽しみに!
保証についてコレさえ聞けば大丈夫!「“無料で最低●年”ですか??」
家づくりにおいて、何十年と安心して住み続けるために設定されているのが、点検・保証システム、アフターサービスです。しかしながら、保証については“最長●年”や“最低●年”など、様々に表現されていて、保証範囲は「その年数、どこまでが無料で保証されているの?」など、お客さまにとって曖昧でわかりにくいこともあるのではないでしょうか?そこで今回は、住宅の保証について「ココさえ押さえていれば大丈夫!」というポイントをお伝えしていきます!



■重要なのは“最長”ではなく“最低”■

住宅の保証期間について『最長●年!』とインパクトを訴えているケースを見かけますが、注意が必要です。パンフレットのあたまに『最長●年!』と書いてあっても、その下に小さく書かれた説明書きを確認すると、様々な条件が記載されてることもあります。。

はっきり言ってしまえば最長の数字は見なくて構いません。確認すべきは、“無料”で“最低”何年保証されているのかということ!そして、家の骨組みである“構造体”が保証されているのかをぜひ確認してみてください。「構造体を無料で最低何年保証できるのか?」という部分は、その住宅メーカーがいかに頑丈で長持ちする構造材を使っているかの証でもあります。

*パンフレットなどを見て理解できない場合は、担当者に直接確認してみましょう!*

■長期優良住宅は構造体の10年保証が必須■

長期優良住宅は、構造体の10年保証が義務付けられています。全戸標準仕様で長期優良住宅を手掛けている東宝ホームでは、その義務保証期間を超えて“20年保証”です。地域密着型で20年保証を実現しているメーカーは東宝ホームだけ!安心の保証システムの理由は、優れた構造材にあります。

■経年変化にも耐えられる構造部材J-WOOD■

東宝ホーム住宅は、標準仕様で住宅の性能・耐久性に大きな威力を発揮する『J-WOOD』を使用しています。人間と同様、家にとって骨にあたる構造材は最も重要な部分です。いつまでも頑丈で長持ちする住宅、そして保証をするためには、丈夫な構造材が必要不可欠になります。

住宅の構造部など見えない部分はイメージしにくいかもしれませんが、「見えない部分こそ、どれだけ熱く語れるか!?」は、保証に関するパートナー選びポイントではないでしょうか。
ぜひ、参考になさってください!
2019.09.12 | 固定リンク | 家づくり